2021年 10月 23日 (土)

キャンプの酒 西村瑞樹さんは「五感で感じるものすべてが肴」と

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「男の隠れ家」10月号「バイきんぐ西村の オレのキャンプ道」で、キャンプ芸人としても知られる西村瑞樹(みずき)さんが、キャンプの酒を美味そうに書いている。

   西村さんは人気お笑いコンビ、バイきんぐの(主に)ボケ担当。コントで非常識な人物をやらせたら絶品で、相方 小峠英二さんのキレ芸を引き出す。キャンプは同じ趣味の芸人らと楽しむこともあるが、もっぱらソロで、お酒も大好きとみえる。

   「キャンプと酒は相性が抜群。酒に合うつまみを作って呑むのはもちろん、焚き火をいじりながら呑む酒も最高です。ひと通りキャンプ飯を作っては舌鼓を打ち、ひたすらビールで流し込む。キャンプ場に着いたらまずはビール」...紛うことなき呑兵衛の筆致だ。

「真夏はキャンプ場に到着して荷物を降ろすだけで汗だくになるので、キンキンに冷やしたビールをクーラーボックスから取り出し...体が欲しがる分だけ流し込むのです...何もせず自然の中でボーッとしながら過ごす時間は最高に贅沢なものなのです」

   西村さんの場合、キャンプ酒の友は料理だけではない。

「小高い丘から眺める風景や町並み、夜景、川のせせらぎや森の木々が風に揺られ擦れる音に鳥の囀(さえず)りなど、五感で感じるもの全てが酒の肴になる」

   正真正銘の酒飲みとお見受けした。ここからはキャンプ飯と酒肴の話になる。

  • 焚き火にキャンプ飯、そしてお酒を一杯
    焚き火にキャンプ飯、そしてお酒を一杯
  • 焚き火にキャンプ飯、そしてお酒を一杯

非日常に囲まれて

   西村さんは、野趣あふれるメニューなどに凝るタイプではないようだ。

「カップラーメンやレトルト食品、缶詰などキャンプ場で食べるものは全て立派なキャンプ飯です。家で食べるのとは違い、外で食べると普段より美味しい気がすると感じられるだけで非日常な訳だからそれで十分なのです」

   実際、キャンプ場近くの道の駅やスーパーで出来合いの「地物」を調達することも多い。テント横で料理をする場合も家で作るものがほとんどで、違いといえば熱源が都市ガスから焚き火にかわることくらいらしい。

「ビールにはやっぱり肉...焚き火で豪快に焼けば見るからに美味そうで、火に滴り落ちた脂で煙が立ち昇り、肉が燻されていく。この匂いだけで缶ビール1本はいける」

   夏がビールなら、冬に欠かせないのは日本酒だ。

「日本酒にはやはり魚介類。焚き火台に網を乗せ魚介を並べる。サザエ、牡蠣、ハマグリなど並んだ姿を見るだけで熱燗2合はいけちゃいます」

   なかでも、ある人に教えてもらった「牡蠣の昆布焼き」は逸品だとか。出汁とり用の昆布にむき牡蠣を並べ、軽く酒を振りかけ、もう1枚の昆布で覆って焼くだけだ。

「軽い蒸し焼き状態になり、牡蠣のぷりぷりさを残しつつ昆布の旨味が浸みていくのです...初めて食べた時の衝撃は今でも忘れられないです。でももし出会いが居酒屋だったらこれほど印象に残っていなかったはず。美味いキャンプ飯っていつまで経っても忘れられない素敵な思い出になるんですよね」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!