2021年 10月 23日 (土)

「povo2.0」申し込み上の不具合「続報」 トラブル解決方法をKDDIに聞いた

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   KDDIのスマートフォン向け新料金プラン「povo2.0」。J-CASTトレンドの2021年10月6日付記事の通り、申し込み時のトラブル報告がユーザーから相次いでいる。

   「povo2.0」不具合の詳細や注意点について、KDDI広報に取材。その回答を得た。

  • 基本料ゼロが特徴の「povo2.0」だが
    基本料ゼロが特徴の「povo2.0」だが
  • 基本料ゼロが特徴の「povo2.0」だが

手続き進行状況が進まない場合は

   他社やKDDIの他プランからpovo2.0へ乗り換えようとしたところ、申し込み中に手続き処理が止まり、数時間〜数日待っても進まなくなった。

   また、一部のauユーザーがpovo2.0への乗り換え手続き中、申し込みをキャンセルした。すると乗り換え前の回線まで利用できなくなっており、それまで使用していた携帯電話番号も失った。

   こうした報告が、ツイッターで複数書き込まれていた。

   KDDI広報担当者は取材に対し、「一部のお客さまで申し込み手続きの処理の遅れにより、お手続き状況のステータスが進まないケースが発生しています」と説明。「ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません」とまず陳謝した。

   povo2.0への乗り換え契約で、こうした事象を確認しているという。ただ、乗り換え元のキャリアなど、具体的にどのようなケースで発生しているかは回答できないとのことだ。

   手続き進行状況が進まない場合、povo2.0のアプリやウェブサイトで表示される手続きステータスの表示画面を閉じた上で、「そのまま回線切り替えまで従来のSIMでのご利用をお願いします」。切り替え前であれば元の携帯電話回線を利用できるため、こちらを使いつつ、手続きの進行を待つように呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!