2022年 1月 21日 (金)

「抗体カクテル療法」1回31万円 ワクチンはいくら?今は公費負担だけど

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

菅前首相が明かす

   治療法では「抗体カクテル療法」が注目されている。中外製薬の点滴薬「ロナプリーブ」を重症化リスクのある軽症・中等症患者に1回投与する。その価格をオープンにしたのは菅義偉・前首相だ。毎日新聞によると、2021年10月12日、菅前首相はインターネット番組で「ロナブリーナ」の価格などについて語った。

   「実は1回31万円なんですよ。非常に高価だがよく効く」と述べるとともに、当初は20万回分の調達を予定していたが「買えるだけ買え」と指示。計50万回分に増やしたという。発言に基づけば、ロナプリーブの調達費は単純計算で1550億円となると同紙。

   厚生労働省によると、中外製薬との契約では、購入価格や数量は明らかにしない秘密保持の条項が含まれている。厚労省幹部は同紙に、菅氏の発言について、「秘密保持の対象で、価格、量ともにノーコメント」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!