2022年 1月 24日 (月)

グーグルスマホ「Pixel 6」はiPhone 13にどう対抗 カメラよりAIに活路を

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

    米グーグルは、スマートフォン(スマホ)「Pixel 6」を2021年10月28日に発売した。約1か月前、9月24日には米アップルが「iPhone 13」を発表している。日本市場ではiPhoneの方が、Pixelシリーズよりも圧倒的に存在感が大きい。

   「Pixel 6」は、自社設計のモバイルSoC(システム・オン・チップ)「Google Tensor」を搭載している。SoCはあらゆる計算やグラフィック処理を担い、端末を動作させる重要な部品だ。ただ、機能が優れているだけではiPhoneのシェアは簡単に奪えない。Pixelはどこに活路をみいだすのか、専門家の見方は――。

  • 10月28日発売のPixel 6
    10月28日発売のPixel 6
  • 10月28日発売のPixel 6

5000万画素はiPhoneに勝るが

   iPhone 13と比較しながらPixel 6のスペックを見ていくと、目を引くのはカメラの画素数の高さだ。画素数が多いほど、細かい描写が可能とされる。

   Pixel 6とPixel 6 Proの背面に共通して搭載されている広角カメラは、5000万画素。一方のiPhone 13とiPhone13 Proのカメラは1200万画素で、Pixelに軍配が上がる。

   スマホ・ケータイジャーナリストの石川温氏に取材した。SNSで写真を共有する人が増え、ユーザーにとって撮影性能の高さはわかりやすい魅力となるため、グーグルやアップルに限らず、カメラは各メーカーが注力しているという。ただ、画素数が高いからといって画質に直結するわけではない上、中国メーカーからは1億800万画素というカメラを有したスマホも登場している。画素数だけで差別化は図りづらいと語る。

   近年各メーカーが力を入れているのは、AI(人工知能)とカメラの組み合わせだ。AIを活用すれば撮影した画像の処理を行って画質を向上させるなどして、画素数以外の価値を付加できる。

   グーグルも、「今まで培ってきたAIの技術をスマホのチップに載せ、差別化しようとしています」と石川氏はみる。AIの活用に注力しているのではないかという分析だ。今回、自社製SoC「Tensor」を採用したのも、他社製チップに後から自社のAIを搭載するよりも、自社チップの方がAIを導入しやすいからではないかと推測する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!