2021年 12月 6日 (月)

■天皇賞(秋)「カス丸の競馬GI大予想」
引退決定コントレイルは勝てるか

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週の菊花賞は本命◎タイトルホルダーが見事逃げ切って勝利したじぇい。◎▲で馬単、当たったきゃすう。今週は秋の天皇賞(2021年10月31日、東京競馬場、芝2000メートル)だじぇい。それにしてもすごいメンバーがそろったきゃすう。あと2戦での引退を発表した無敗の3冠馬コントレイル、いまやマイル(1600メートル)以下なら無敵のグランアレグリア、そして皐月賞馬のエフフォーリアの3強が激突するじぇい。「現役最強馬」決定戦きゃすう。「強い馬なら俺にまかせろ」といつも豪語しているガジュマル爺の本命◎はグランアレグリアだじぇい。この馬にとって2000メートルはちょっと長い気もするけど、ホントに勝てるきゃすう?

グランアレグリアの距離不安は...

   ガジュマル爺 大丈夫じゃ。強い馬を選ぶわしの目に狂いがないことなど、これまでの馬選びを見てればわかるじゃろ。グランアレグリアは5歳の牝馬。デビュー以来13戦8勝2着2回3着1回。なんと掲示板(5着以内)を外したことがない超堅実馬じゃ。新馬戦(東京、1600メートル)に続くサウジアラビアロイヤルカップ(GIII、東京、1600メートル)と、古馬と初対戦だった阪神カップ(GII、阪神1400メートル)の3戦(いずれも1着)以外はすべてGIレースに出走してきた超エリートなんじゃ。GI3連勝(2020年安田記念、スプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップ)を含む5勝は圧倒的で、この戦績から現役最強馬と名乗っても十分に値する活躍じゃ。なかでも圧巻だったのは、昨年の安田記念じゃ。あのアーモンドアイを上がり(最後の600メートル)33秒7の豪脚で置き去りにして優勝したことは覚えておるじゃろ。戦ってきた相手が超一流で、しかも勝敗のつけ方がハナ差なんてもんじゃなく、誰が見ても勝ったとはっきりした形で勝利しておるんじゃ。ただ、一点。カス丸が言うように懸念されるのは2000メートルの距離なんじゃ。3走前の大阪杯(GI、阪神2000メートル、4着)は雨で馬場状態が極悪だったとはいえ、4コーナーで同じ位置にいたコントレイルを差し切れなかったことに、一抹の不安を感じさせるんじゃ。とはいえ、今度は東京コースじゃ。ここでは6戦4勝2着1回と得意のコース。天皇賞・秋は昔から、マイルGI馬が好成績を残しておるレースでもあるから、長い直線(550メートル)を味方に距離克服は可能と見ておるんじゃ。鞍上も日本のリーディングジョッキー、クリストフ・ルメール騎手なら、万全というもんじゃ。

   カス丸 大演説が始まったきゃすう。しかし、距離克服のところは「?」のままだじぇい。それに8月にのどの手術をしたというのが気にかかるきゃすう。穴狙いのカスヨ姉さんの本命◎は1番人気が予想されてるコントレイルだじぇい。カスヨさんは時々こういう馬選びをするけど、「穴狙い」の看板を降ろしたほうがいいきゃすう。

   カスヨ 今回はね、本当に仕方ないのよ。どう考えてもコントレイルが勝つんだから。そのわけを説明するわ。先ずは、レースの舞台となる東京の2000メートルね。このコースはね、すごくいびつな形態になっているのよね。スタンド正面に立って東京コース全体を見渡すとするわね。右手を見ると、通常の芝コースの第1コーナーから第2コーナーにかけてカーブがあるんだけど、その外側にもう1本、並行してコースがあるのよ。それは第2コーナー辺りで通常コースと合体するんだけど、その外側コースの一番奥、つまり第1コーナーの外側あたりがスタート地点になるわけ。この外側のコース形態だと第2コーナーを回るときにカーブが急になるから明らかに内枠が有利になるのよね。コントレイルは今回1番内の枠に入ったわ。これは勝ってくださいと言わんばかりの枠なのよ。内ラチ(柵)沿いに最短距離を走れるから最後の直線に入るまでの消耗が少なくてすむわ。末脚も今回のメンバーならトップクラスだし、いくらグランアレグリアの末脚が鋭いといっても、こちらも昨年のダービーを勝利した馬なんだから、東京の直線は得意中の得意よ。爺が言ったように春の大阪杯ではグランアレグリアに抜かせなかったし、爺が言うのと違って負ける理由がないのよ。現役最強馬の冠はコントレイルがかぶるはずだわ。

   カス丸 コントレイルにスキはなさそうきゃすう。この2頭に迫る対抗〇が、爺はカレンブーケドール、カスヨさんはワールドプレミアだじぇい。

   ガジュマル爺 カレンブーケドールは惜しい競馬がずっと続いておるんじゃ。2019年のオークス(GI、東京2400メートル)ではラブズオンリーユー、秋華賞(GI、京都2000メートル)ではクロノジェネシスの2着。続くジャパンカップ(GI、東京2400メートル)ではアーモンドアイの2着と、GIで好走するんじゃが勝ち鞍に恵まれないできたんじゃ。ただ、その実力がGI級であることは誰の目にも明らかなところじゃ。今シーズンは日経賞(GII、中山2500メートル、2着)、天皇賞・春(GI、阪神3200メートル、3着)、宝塚記念(GI、阪神2200メートル、4着)と、いずれも前めの好位につけて脚を伸ばして、掲示板を外さない堅実ぶりじゃ。天皇賞・春から戸崎圭太騎手が乗り続けておるし、そろそろ手の内に入れたじゃろうから、待望のGIに手が届いてもおかしくないはずじゃ。

   カスヨ ワールドプレミアはね、今回、天皇賞(春)以来のレースということと、叩き良化型タイプだということ、そして2400m以上に良績が集まってるという点から実力・実績より劣った人気になると思うわ。でもねえ、GI2勝はこのメンバーでは上位の実績よ。昨年のフィエールマンが驚くような末脚で追い込んできたけど、そういうシーンが十分ありえる馬なのよね。なにより馬券的妙味が十二分なのよ。

   カス丸 ふーん、そんなにうまくいくきゃすう? 3強のうちのエフフォーリアは、爺が押さえ△、カスヨさんは押さえにも入れてないじぇい。そんなに評価が低いきゃすう?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!