2021年 12月 6日 (月)

岸田首相「外遊」は「遊び」なの? 公務の海外出張に使われる言葉の裏側

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   岸田文雄首相が「初の外遊」に出かけた。もちろん遊びに行くのではない。国際会議への出席だ。

   この「外遊」という用語には、以前から違和感を覚える人は少なくない。公務で行くのに遊びに出かけるようなニュアンスがあるからだ。

  • しばしば違和感が指摘される「外遊」という表現
    しばしば違和感が指摘される「外遊」という表現
  • しばしば違和感が指摘される「外遊」という表現

ただの旅行じゃありません

   時事通信は2021年10月26日、「岸田首相、COP26出席へ 衆院選直後に初外遊」と報じていた。英北部グラスゴーで開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に出席し、現地時間11月2日に行われる首脳会合の一部に参加する。ジョンソン英首相ら各国首脳との個別会談も調整しているという。

   岸田首相のCOP26出席については、他の新聞社もおおむね「外遊」という表現を使っている。インターネットでは、しばしばこの「外遊」という言葉への違和感が掲載されている。

「政治家の外遊と報道されますが、外訪と言い直した方が? 何か"遊"だと税金が無駄づかいされてる気がして仕方ないのですが」(07年8月23日。ヤフー知恵袋)
「外遊という言葉はほかの言葉に置き換えたほうがよくないでしょうか? どんな言葉がいいでしょうか」(21年4月2日、同)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!