2021年 12月 7日 (火)

メタバースに銀座・日産ギャラリー再現 VR記者会見はワクワクだらけ 

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京・銀座のランドマークが、VR(仮想現実)の世界にあらわれた。日産自動車は2021年11月、米国発の交流サービス「VR Chat」上に、バーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」を開設した。

   銀座4丁目交差点にある同名施設を忠実に再現しているという。J-CASTトレンド記者・J助が、一般公開に先駆けて行われたVR空間上での記者会見に参加した。

  • 1階フロアには「アリア」が
    1階フロアには「アリア」が
  • お披露目された「NISSAN CROSSING」
    お披露目された「NISSAN CROSSING」
  • ラテアートのカップも持てる
    ラテアートのカップも持てる
  • 質疑応答の様子
    質疑応答の様子
  • 星野朝子副社長(アバター)
    星野朝子副社長(アバター)
  • 星野朝子副社長(プロフィール写真)
    星野朝子副社長(プロフィール写真)
  • スタッフ・参加者との記念撮影
    スタッフ・参加者との記念撮影
  • この日限りで「ベールに包まれる」演出があった
    この日限りで「ベールに包まれる」演出があった
  • 1階フロアには「アリア」が
  • お披露目された「NISSAN CROSSING」
  • ラテアートのカップも持てる
  • 質疑応答の様子
  • 星野朝子副社長(アバター)
  • 星野朝子副社長(プロフィール写真)
  • スタッフ・参加者との記念撮影
  • この日限りで「ベールに包まれる」演出があった

再現度の高さに驚いた

   会見スタートとともに、建物を包んでいたベールが落とされると、白に縄模様のような特徴的なフォルムが現れた。さっそく1階エントランスへ入ると、EV(電気自動車)の「アリア」がお出迎え。アリアの3Dモデルも忠実に再現されていて、ドアの開け閉めこそできないが、本当の自動車ショールームにいるような気分を味わえる。

   誘われるがまま、自分のアバター(分身)を動かして、エスカレーターで2階へ。こちらにも車体が展示されているほか、自動車のラテアートをあしらったエスプレッソが提供されている。フロアには、ちょっと広めのスクリーン付き空間があり、質疑応答はそちらで行われた。

   現実世界のNISSAN CROSSINGの内部は、Googleストリートビューでも見られる。会見後に見比べると、再現度の高さに驚いた。窓の外の風景も、周囲の建物に色がないことを除けば、銀座そのものだ。

   日産は、このバーチャルギャラリーで新車発表会や講演などのイベントに活用する計画。第1弾として、地球温暖化を題材にした電気自動車によるツアーを2021年中に予定しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!