2022年 1月 23日 (日)

ポケモンGO、ドラクエウォーク、ピクミンブルーム 3ゲーム同時に遊ぶ超絶技

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   スマートフォン(スマホ)向け位置情報ゲーム「ピクミンブルーム」の国内配信開始から、はや一週間。2021年11月13日には、初のスペシャル・イベント、「コミュニティ・デイ」が開催される。

   他の位置情報ゲームには、「ポケモンGO」、「ドラゴンクエストウォーク(以下、ドラクエウォーク)」がある。既にこれらで遊んでいるユーザーの中には、「ピクミンブルーム」を加えるか迷う人もいるだろう。ツイッターには、時間的に厳しい、スマホの充電が減りすぎるなど、消極的な声が多い。3ゲーム全てリリース日にダウンロードし、以来遊び続けているゲーマーに「並行法」を聞いてみた。

  • 画像は「ピクミンブルーム」公式サイトのスクリーンショット
    画像は「ピクミンブルーム」公式サイトのスクリーンショット
  • 画像は「ピクミンブルーム」公式サイトのスクリーンショット

ポケモンGO歴5年、ドラクエウォーク歴3年の猛者

   会社と自宅を往復する通勤時間、遠くの食事処へ行く昼休憩、そして帰宅後や休日のプライベートタイム。これらを上手く活用し、せっせと歩いてゲームを楽しんでいると語るのは、治験に関する情報発信を行う「インクロム」の公式アカウントツイッター担当「マスクマン」だ。あくまでも、「出来る範囲でやって無理はしないようにしている」。

【各ゲームの進行状況(全てリリース日に開始)】
ポケモンGO:16年7月6日~(レベル46)
ドラクエウォーク:19年9月12日~(11章9話開放)
ピクミンブルーム:21年11月1日~(レベル24)

   まず、「ドラゴンクエスト」の世界と化した現実世界をプレイヤーが主人公となって歩き、モンスターを倒したり、「クエスト」を達成したりして冒険するドラクエウォーク。アプリ画面を立ち上げておかないと敵と戦闘ができず、経験値が入らないのでレベルもあがらない。マスクマンは「ウォークモードにしておけば、自動で戦闘をしてくれるので、画面を立ち上げたままスマホをポケットに入れて歩いています(省電力モードもあり)」。

   次に、現実世界そのものを舞台にしてポケモンを「捕まえる」、「交換する」、「バトルする」ことができるポケモンGO。リストバンドのように腕に巻いてゲームと連携させて使う「ポケモンGO Plus」やボール型の「モンスターボール Plus」などのデバイスを別途用意すれば、スマホがスリープし、アプリがバックグラウンド状態になっていても遊べる。それらがない場合は、アプリを逐一立ち上げて利用しなければならない。

「ドラクエウォークでレベルをあげつつ、ポケモンGOでポケモンをゲットしたい場合、スマホが複数台あった方が便利のため、私は別々にやっています。もちろん、自分のためにも、他ユーザーのためにも、『ながら歩き』はやめましょう」(マスクマン)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!