2022年 1月 20日 (木)

トマトが「ブヨブヨ」「シワシワ」に 食べられるし超おいしくなるものも

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スーパーに並ぶ新鮮なトマトは、ハリがあってツヤツヤとしている。しかし、購入から時間が経つと実はブヨブヨに、表面はシワシワになる。

   こうなると、もう食べられないのか。食べても、おいしくないのでは。こんな疑問を解消しようと、J-CASTトレンドは井出トマト農園(神奈川県藤沢市)に取材した。

  • 新鮮なトマトもおいしいけど、時間が経ったトマトもいける
    新鮮なトマトもおいしいけど、時間が経ったトマトもいける
  • 新鮮なトマトもおいしいけど、時間が経ったトマトもいける

「ブヨブヨ」は水分が蒸発しただけ

   まずは基本情報。トマトはどの程度もつのか。また保存方法は。

   井出トマト農園の担当者によると、冷蔵庫で3~5日を目安に食べるのが良い。また、日持ちさせたいなら低温だ。温度が高めのリビングに置きっぱなしにすると、過熟(熟れすぎた状態)になるので避けよう。

   次に本題。ブヨブヨ、シワシワになったトマトは食べられないのか。これには、意外な答えが返ってきた。

「トマトは99%水分なので、水分が3%程度抜けた状態でも果皮が余ってきます。それがブヨブヨと感じられるのだと思います。水分が蒸発してしまっただけなので食べられます」

   また、生で食べても問題がないという。味も、水分が蒸発して濃くなっており、

「元々高糖度のミニトマトがしわしわになった状態のトマトは、超おいしいです」

と担当者。食べてみてから判断するよう勧める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!