スシロー「すき焼き海鮮しゃり弁」まさかの発想 魚介と肉が合体のお味

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

不思議とマッチしてる

   記者は肉とセットになった海鮮丼をいただくのは初めてだが、不思議と味の組み合わせに違和感はなかった。塩気は薄めに甘く作られており、しゃりの味わいから浮かない。例えるならば卵焼きと同じように、しっかりと海鮮丼の「具材」としてのポジションを確立していた。

   なお「冷めてもおいしい」とのフレーズを確かめるため、半分食べた上で保冷剤を乗せて3時間ほど放置したが、確かにしゃりが固くなったりすることはなく、変わらないおいしさで楽しめた。

姉妹サイト