2021年 12月 8日 (水)

「World Cheese Awards 2021」 日本のチーズ2品「スーパーゴールド」の高評価

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   世界のチーズが集まる国際コンペティション「World Cheese Awards 2021」が2021年11月3日、スペイン北部のオビエドで開催された。

   日本からは25工房37品のチーズが出品され、「スーパーゴールド」を受賞した2品を含む「ゴールドラベル」5品、「シルバーラベル」3品、「ブロンズラベル」6品となった。

  • 2年ぶりの開催となった「World Cheese Awards 2021」
    2年ぶりの開催となった「World Cheese Awards 2021」
  • チャンピオン候補になった「翡翠」
    チャンピオン候補になった「翡翠」
  • スーパーゴールドに選ばれた「ニセコチーズ工房」の「二世古 椛【momiji】」
    スーパーゴールドに選ばれた「ニセコチーズ工房」の「二世古 椛【momiji】」
  • 2年ぶりの開催となった「World Cheese Awards 2021」
  • チャンピオン候補になった「翡翠」
  • スーパーゴールドに選ばれた「ニセコチーズ工房」の「二世古 椛【momiji】」

「翡翠」は、チャンピオン候補のベスト16入り

   「World Cheese Awards」は、世界各国から多種多様なチーズが集まるチーズのコンペティションだ。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。33回目となる21年は、45か国から4079のチーズがエントリーした。

   出品されたチーズは約250人の審査員が、ゴールドラベル、シルバーラベル、ブロンズラベルに相当するチーズを決定。さらにゴールドラベルの中から、スーパーゴールド 88 品が選出された。最終審査では、特別審査員16人がスーパーゴールド88 品をさらに16品に絞り込む。その中から最も優秀なチーズが、「チャンピオンチーズ」となる。

   日本からは長野県の「アトリエ・ド・フロマージュ」の「翡翠」と、北海道の「ニセコチーズ工房」の「二世古 椛【momiji】」がスーパーゴールドを受賞した。さらに「翡翠」は、「外皮がめずらしく、クリーミーで牛のミルクのわりに口どけが軽い」点が高く評価され、チャンピオンズチーズ候補であるベスト16に選ばれた。

   アトリエ・ド・フロマージュの塩川和史さんは、「これまで海外受賞歴の無い翡翠が受賞したと聞いてびっくりした。率直にうれしい」とコメントした。

   チャンピオンは、スペイン・アンダルシアのチーズ工場「ケソス・イ・ベソス」の「オラヴィディア」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!