2022年 1月 19日 (水)

新型コロナ「デルタ株より強力」な変異株 日本は水際対策緩め始めたが

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの新たな変異株が南アフリカで見つかった。すでに感染が広がりつつあるようだ。デルタ株よりも強力という報道もあり、英国は早くも、アフリカ6か国からの入国制限をしたという。

  • 新たな変異株は、ワクチンが効きにくいかもしれないとの指摘がある(写真はイメージ)
    新たな変異株は、ワクチンが効きにくいかもしれないとの指摘がある(写真はイメージ)
  • 新たな変異株は、ワクチンが効きにくいかもしれないとの指摘がある(写真はイメージ)

「ワクチンがより効きにくいかも」

   AFP=時事によると、この新たな変異株は今のところ「B.1.1.529」と呼ばれている。南アフリカの1日当たりの感染者数は、今月初めには約100人にとどまっていたが、24日には1200人を超えた。「B.1.1.529」が感染者増の要因になっているという。

   非常に多くの変異が認められており、すでにボツワナや香港でも、南アからの渡航者から検出された。

   英国は2021年11月25日、アフリカ南部6か国からの入国を制限すると発表。読売新聞によると、対象は南アのほか、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、エスワティニの各国。サジド・ジャビド保健相は記者団に対し、新たな変異株はインド由来の変異ウイルス「デルタ株」よりも感染力が強く、「現在のワクチンがより効きにくいかもしれない」と述べた。

   ブルームバーグも、南アのファーラ保健相が、「深刻な懸念をもたらす変異株だ」と語っていることを伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!