2022年 1月 22日 (土)

「COCOA」またまた不具合 起動すらできず「Github」で指摘、修正のやりとり 

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの接触通知アプリ「COCOA」に、またもトラブルだ。「iOS」「Android」のスマートフォン向けにリリースされた「1.4.0」版アプリで、正常に起動できない不具合が報告された。

   バージョン「1.4.0」は、2021年11月25日に配布された。iOS版はすでにこの現象を解消した「1.4.1」がリリースされているが、26日19時現在、Android版の提供はまだだ。20年6月の登場以来エラーが多発するCOCOAの信頼感に、追い討ちをかける事態となった。

  • またも不具合が発生したCOCOA
    またも不具合が発生したCOCOA
  • またも不具合が発生したCOCOA

デジタル庁と厚生労働省が管理

   COCOAの保守・運用管理は、デジタル庁と厚生労働省が連携して担う。デジタル庁公式ツイッター11月25日20時30分の投稿によると「1.4.0」の配布後、「一部の端末で強制終了する事象」が起きている。

   半日以上がたった翌26日11時2分までに、「強制終了」現象が改善された修正版「1.4.1」がiOS向けにリリースされた。同庁ツイッターよると、Android版の新バージョンも「手続完了次第配布」する。

   厚労省は、開発者向けコミュニティーサイト「GitHub」上で、COCOAのソースコード(コンピューターに実行させたい動作や処理が専用の言語で記載された文字列)を公開している。COCOAの仕組みを公開することで国民への透明性を確保するとともに、機能改善の意見を募ることを目的としている。

   11月25日の16時17分、「GitHub」内のページで「COCOA v1.4.0 が起動しない」という題名のトピックがユーザーによって投稿され、16時20分にデジタル庁のエンジニアが「Android版でも発生しているという情報がありますね。すぐに調査します」と反応。デジタル庁関係者や他のユーザーとの間で、不具合と修正対応をめぐるやりとりが交わされた。

   ユーザーからは「クラッシュレポート」(ソフトウエアの異常終了を報告するデータ)の提供が行われ、デジタル庁のエンジニアは不具合の詳細や修正案に関する考察を提示した。最終的には原因が判明したとし、修正版アプリを配布すると報告している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!