2022年 5月 21日 (土)

チャーハンを「パラパラ」にしたい 卵とご飯、順番変えると仕上がりも違いが

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   チャーハンを「パラパラ」になるよう仕上げたい。最良の方法をめぐって、インターネット上ではたびたび議論が起きる。論点になるのは、卵の調理法だ。

   J-CASTトレンドは中華レストランに取材。それを基に、実際に試してみた。

  • 左から卵後入れ、卵かけご飯式、卵先入れ
    左から卵後入れ、卵かけご飯式、卵先入れ
  • 左から卵後入れ、卵かけご飯式、卵先入れ

中華レストランの意見は

   中華料理といえば、火力だ。チャーハンのパラパラ具合を再現するのに、家庭用コンロではレストランと比べると火力が弱い。

   それでも、家で手軽にパラパラチャーハンが食べたい。ネット上では、「卵はご飯と混ぜてから炒める」「卵を先に入れて、半熟状態でご飯入れて混ぜる」「ご飯を炒めてから、混ぜた卵を入れる」という声がある。

   ご飯が先か、卵が先か――。レシピを検索しても、手順はバラバラだ。

   本場中国ではどうなのか、編集部で中国人の同僚によると、中国の関連サイトでは「ご飯が先」との主張が多い。一方で、「卵とご飯をまぜてから」や「卵が先」を推している人もいるとのことだった。

   山梨県の中華レストラン「さんぷく」に取材した。担当者は「個人的な見解ですが」と前置きし、

「弊社では『卵が先・ご飯が後』なので、個人的に家庭で作る際もそのようにしております。ただ火力不足や手際の良さも多少影響するかと思うので、不安な場合は『ご飯先・卵が後』でもいいかもしれません」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!