2022年 1月 22日 (土)

コロナワクチン3回目接種 「8か月の間隔」日本は開始遅すぎないか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルスのワクチン3回目接種が、2021年12月1日から全国で始まった。2回目の接種から原則8か月以上たった医療従事者が対象だ。コロナワクチンは半年程度で効果が薄れるといわれているにもかかわらず、3回目の接種まで8か月の間隔を空けるのは、なぜなのか。

  • 日本でも3回目の接種が始まった
    日本でも3回目の接種が始まった
  • 日本でも3回目の接種が始まった

イスラエルは7月から

   厚生労働省によると、今月は医療従事者104万人が接種の対象だ。22年1月には、さらに医療従事者200万人が加わり、高齢者も対象になる。3月からは、企業や大学などで行う職域接種が始まる予定だという。

   東京新聞によると、3回目接種について同省は、2回目から「8か月以上」経過しての接種を原則とし、例外的に自治体の判断で「6か月以上」に短縮することも可能だとしていた。しかし、全国知事会が11月21日、国に対し、前倒しする際の判断基準を明確にするよう求めたことなどから26日、前倒しの対象は、「クラスター(感染者集団)が発生した医療機関や高齢者施設の入院患者や利用者、医療従事者らに限定する」と発表した。

   同省によると、海外では、7月にイスラエルで追加接種が始まった。8月以降、米国や英国などが続いた。追加接種の対象者は、高齢者などの重症化リスクの高い人、重症化リスクの高い人と接触の多い人、ウイルス曝露のリスクが高い人、としている国や機関が多い。対象者は次第に拡大しており、12歳以上全員としている国もある。

   TBSによると、英国は新型コロナの「オミクロン株」に備えるため、全ての成人へのワクチンの追加接種を来年1月末までに終える方針を明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!