2022年 1月 26日 (水)

戸田恵子「うすっぺらい人間になっちゃダメ」 新CMで重役と若手事務員の二役を熱演

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   リブドゥコーポレーション(大阪市中央区)は、尿ケア専用パッド「リフレ 超うす安心パッド」の新テレビCMを2021年12月1日から全国でオンエアしている。戸田恵子さんが専務と、年下の事務員の二役を演じる「うすさ」編、「吸収力」編(各15秒)だ。

   ちょっとしたことで思い悩む後輩を、専務が「うすっぺらい人間になっちゃダメ」「見た目で判断しているようじゃ二流よ」と厳しい言葉で激励。しかし最後には「うすくていいのは、吸収パッドだけ」「見くびっちゃダメ。2 ミリでも大丈夫」と優しく「リフレ 超うす安心パッド」を勧め、商品特徴の「うすさ」と「吸収力」を訴求する内容になっている。

  • 制作陣が目指した「熱血ドラマ」の雰囲気を、ファーストテイクから表現
    制作陣が目指した「熱血ドラマ」の雰囲気を、ファーストテイクから表現
  • 厳しい言葉で激励した後、優しく後輩を諭す
    厳しい言葉で激励した後、優しく後輩を諭す
  • 「専務よりも20歳ほど年下」設定の事務員も熱演
    「専務よりも20歳ほど年下」設定の事務員も熱演
  • 「無言のままうるうるする」戸田さんのアイデアが採用
    「無言のままうるうるする」戸田さんのアイデアが採用
  • 制作陣が目指した「熱血ドラマ」の雰囲気を、ファーストテイクから表現
  • 厳しい言葉で激励した後、優しく後輩を諭す
  • 「専務よりも20歳ほど年下」設定の事務員も熱演
  • 「無言のままうるうるする」戸田さんのアイデアが採用

戸田恵子のアイデアが採用されたリアクション

   吹き替えで双子の役を経験した経験はあるものの、上司と部下を一人で演じるのは初めてだった戸田さん。発表資料によると、特に事務員役の撮影が楽しかったと言い、「昔、庶務OLの活躍を描いたドラマに出演していた時代を思い出した」そう。戸田さんは1998年放送のテレビドラマシリーズ「ショムニ(フジテレビ系)」で、徳永あずさ役を演じていた。

   事務員が、専務から商品を勧められるシーンは、当初「えっ!?」と驚くリアクションを制作陣は想定していた。戸田さんが「コメディータッチになり過ぎないように」と意見を出し、さまざまなバリエーションを収録した中から、最終的に「無言のままうるうるする」というアイデアが採用された。

   一方、専務としての戸田さんは、商品を差し出す際に少しでも傾いたり、タイミングがずれたりすると、自ら「CMの主役は商品だから」と、監督に取り直しをリクエスト。ベストショットの追求に余念がなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!