2022年 1月 27日 (木)

中国の吉野家「臭い肉」使用告発で判明 なんとも複雑な経営事情

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

   中国の吉野家で、使い回した油や賞味期限が切れて酸っぱい臭いを放つ肉が使われていると、2021年11月下旬、動画で告発がありSNSで拡散した。

   この事件について吉野家のSNS公式アカウントが「この吉野家はうちの吉野家ではない」的なコメントを発表したことから、中国人消費者は「意味不明」だと混乱に陥った。背景には、中国における吉野家経営を巡る若干複雑な事情があった。

  • 吉野家のウェイボ公式アカウント。合興餐飲が運営するもの
    吉野家のウェイボ公式アカウント。合興餐飲が運営するもの
  • 状況説明の投稿
    状況説明の投稿
  • 状況説明の詳細が書かれたもの
    状況説明の詳細が書かれたもの
  • 吉野家のウェイボ公式アカウント。合興餐飲が運営するもの
  • 状況説明の投稿
  • 状況説明の詳細が書かれたもの

公式アカウント「わが社の経営範囲外」

   11月29日、吉野家の店舗内で消費期限切れの食材が使われ、麻婆豆腐のひき肉は既に酸っぱい臭いがし、油は使い回しで黒ずんでいるとの告発動画が中国のSNSウェイボ(微博)に投稿され、炎上した。

   騒動を受けてウェイボの吉野家公式アカウントは同日夜、「状況説明」というタイトルの文書を発表。その中で、こう釈明した。

「吉野家は中国でさまざまな会社によって運営されている。北京市、天津市、河北省、河南省、内モンゴル自治区、東北三省の吉野家は合興餐飲集団が運営している。動画で告発された吉野家は、わが社の経営範囲外だ。ではあるが、当社も自己検査チームを立ち上げ、店舗の点検をする」

   文書には「合興餐飲集団」の印章が押されていた。

   この内容にユーザーは混乱。

「動画で告発された吉野家が経営範囲外ってどういうこと?」
「何で謝らないの?」
「私はIQが低いから何度読んでも意味が分からない」

などとリプライが殺到した。

   翌30日、吉野家(中国)投資有限公司は公式サイトで「お詫び」文書を発表。動画で告発された安徽省の店舗を営業停止にし、緊急品質管理専門チームを立ち上げたことや、他の店舗も一斉検査を行うと説明した。また、店舗のある安徽省の当局から行政指導を受けたことも明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!