2022年 5月 18日 (水)

国産ドローン「SOTEN(蒼天)」 ワンタッチ切り替え可能なカメラ3台搭載

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ドローン開発を行なっているACSL(東京都江戸川区)は、国産ドローン新製品発表会を2021年12月7日に品川グランドセントラルタワー(東京都港区)で開催した。同社が開発したドローンで、同日に受注を始めている。

   同社社長・鷲谷聡之氏が登壇、商品の紹介を行った。

  • 社長の鷲谷氏と「蒼天」
    社長の鷲谷氏と「蒼天」
  • 走行中のドローン
    走行中のドローン
  • 機体やカメラ
    機体やカメラ
  • 社長の鷲谷氏と「蒼天」
  • 走行中のドローン
  • 機体やカメラ

有人地帯での目視外飛行が可能になる

   無人航空機が、日本国内での有人地帯における目視外飛行を行うことは12月9日現在、認められていない。しかし、改正された航空法が22年12月から適用され、有人地帯における目視外飛行が可能になり、ドローン活用の幅も広がる。

   日本のドローン市場は物流や整備や点検などの社会インフラ、農業分野、災害現場などでの利活用で2025年までに、6000億円市場が立ち上がり、サービス市場だけでも4000億円にまで成長すると予想される。鷲谷氏は、会見の最初にドローンの今後の可能性について説明し、「この新たな産業を支えるのはドローンの機体であり、機体メーカーとしてしっかりと産業を支えたい」と抱負を語った。

   そのためには、3つの課題があると指摘、「セキュアであるか」、「小型で、現場で使い勝手が良いか」、「過酷な現場で耐えられる飛行性能・拡張性があるか」だと話した。なお「セキュア」とは、IoT(モノのインターネット)機器には必須のセキュリティー、日本国内での製造を持続可能にする「自立」、現場の技術を守ることだと定義した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!