2022年 5月 24日 (火)

ポケモンゲーム新作で珍行動 「スイッチ」にバグそのまま残して売る人続出

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ポケットモンスターのゲームシリーズ最新作「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」(BDSP)。過去のポケモン作品をリメイクしたゲームだ。2021年11月19日に発売されたが、ゲーム内で様々な「バグ」が見つかり、インターネット上で指摘された。

   ゲームソフトは、発売後にアップデート版がリリースされる場合がある。「BDSP」でも、複数の不具合を修正した更新データ「Ver. 1.1.2」が12月2日に配信された。ところが12月9日現在、修正前のバージョンでBDSPを遊べるスイッチ本体が、フリマアプリ「メルカリ」に出回っている。

  • 画像は「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」公式サイトから
    画像は「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」公式サイトから
  • 画像は「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」公式サイトから

「Ver 1.1.1」でのみ起きる

   BDSPでは、11月19日の発売日前から、「更新データ」が前もって出ていた。初期バージョンには含まれていないコンテンツを追加するためだ。11月11日には「Ver. 1.1.0」が、11月18日には「Ver. 1.1.1」が配布された。

   この2つのバージョンについてツイッターやユーチューブでは、ゲームが進行できなくなる不具合のほか、不正な方法でゲーム中のアイテムなどを増殖できるといったバグが報告されている。

   また「RTA」というゲームクリアまでの所要時間を競う遊び方をするプレーヤーの間では、「メニューバグ」と呼ばれるバグを利用し、ゲーム中のイベント戦闘をスキップすることで記録をねらう人も。わずか15分40秒までエンディングまで到達する様子をユーチューブに投稿しているユーザーがいた。

   バージョンごとにどのようなバグが起きるのかは判然としないが、ネット掲示板の書き込みやポケモンファン向けサイトによると、「メニューバグ」はBDSP購入直後のままの初期バージョンでは発生せず、「Ver. 1.1.1」でのみ起きるのだという。

   またポケモン公式サイトでは、「Ver. 1.1.2」には「不具合の修正」やゲームを快適に遊ぶための内容が含まれていると説明。「必ずダウンロードしていただきますよう、お願い申し上げます」と呼びかけている。ゲームメディア「AUTOMATION」12月2日付記事によると、「Ver 1.1.2」では「メニューバグ」の修正もネットユーザーの間で確認されているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!