2022年 1月 23日 (日)

ウェブブラウザ「Edge」是が非でも使って マイクロソフトあの手この手で

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米マイクロソフトが提供するウェブブラウザ「Microsoft Edge」。Windows 10と11に標準で搭載されている。だが、2021年12月14日現在、世界のウェブブラウザの使用率では「Google Chrome」に及ばない。

   この状況を打開しようとしているのか。マイクロソフトは近ごろ、Edgeの使用をユーザーに促進させるような動きを見せている。Edgeのシェア拡大に必死のようだ。

  • Edgeの「Bing」で「Chrome」と検索すると
    Edgeの「Bing」で「Chrome」と検索すると
  • Edgeの「Bing」で「Chrome」と検索すると

標準の検索エンジンで「Chrome」と検索すると

   OSなどの使用率を集計している海外サイト「Statcounter」によると、スマートフォン・パソコンを含め、21年11月の世界中のブラウザ使用率はChromeが64.06%でトップ。2位がSafari(19.22%)で、Edge(4.19%)は3位。パソコンに限定しても、1位がChrome(66.38%)で、Edge(9.52%)はここでも3位だ。

   Windows 10で標準ブラウザを変更する場合、「Windowsの設定」から「アプリ」→「規定のアプリ」と開き、「Webブラウザー」の項目でChromeなど任意のソフトウエアを選べばよい。ところが11では、一括で標準ブラウザを変更することができない。「規定のアプリ」を開くと、指定項目が多数出てきて、ファイルの種類ごとにいちいちブラウザを設定しなければならなくなった。この点、21年10月22日付「ASCII.jp」記事でITライターの柳谷智宣氏が詳しく説明している。

   同記事によれば、新しいブラウザをインストールした直後に、どのブラウザを選ぶか尋ねる表示が出る。そこでは、簡単に規定ブラウザを切り替えられる。ただしチャンスは1度きりだ。

   また「11」と「10」でEdgeを開いてデフォルトの検索エンジン「Bing」を利用し、キーワードで「Chrome」と検索すると、Edgeの利用継続を促すマイクロソフトのメッセージが表示される。この仕様は、SNS上などで話題となっている。記者も12月14日に「10」でこの手順を試した。検索結果には「新しいWebブラウザーをダウンロードする必要はありません」とのメッセージが表示された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!