2022年 1月 28日 (金)

「退職代行」もサブスクの時代 1年間で2回利用可、すぐ仕事やめられる

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   定額料金を支払えば映画見放題のような「サブスクリプション(サブスク)サービス」。実は、依頼者から勤務先の退職手続きを請け負う「退職代行」のサブスクが存在する。2021年12月14日にインターネット掲示板で話題となった。

   サービス名は「ヤメホー(サブスク退職)」。契約すると1年間、退職代行を2回利用できる。

  • 会社とのやりとりを引き受ける「退職代行」だが(画像はイメージ)
    会社とのやりとりを引き受ける「退職代行」だが(画像はイメージ)
  • 会社とのやりとりを引き受ける「退職代行」だが(画像はイメージ)

「業界初かつ唯一」うたう

   ネット掲示板では退職代行の「サブスク」という意外性が注目を集め、「さすがにネタ(冗談)では」といった反応が寄せられた。

   「ヤメホー」は、合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」(東京都中央区)が提供する「わたしNEXT<女性の退職代行>」というサービス内で用意されている。

   公式サイトによれば、通常は依頼者がアルバイトなら1万9800円(税込)、正社員では2万9800円(同)で退職代行サービスを引き受ける。本人は会社側とのやりとり不要で、すぐに退職できるという。

   そして「ヤメホー」に申し込んだ場合は、「月額3300円(税別)」で1年間に退職代行を2回利用可能。「業界初かつ唯一のサブスクリプション方式(定額制)の料金プラン」という。

   支払いは、クレジットカードで受け付けている。「もしもの時の保険としてや、急ぎで退職代行サービスを利用したいけどすぐにお支払いが難しい場合など、いつでも安心してご利用いただけるようになりました」と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!