2022年 5月 18日 (水)

クリスマスで「フライドチキン」余った 一番おいしくなる温め方を発見

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   クリスマスイブ。この時期は「ケンタッキーフライドチキン」(KFC)の店舗が賑わう。お目当てはもちろん、チキンだ。

   たくさんのチキンを買ったはいいものの、何個か余ってしまったという経験はないだろうか。KFC公式ツイッターでは、「オリジナルチキン」の「温めなおし方」を紹介している。一番おいしくなる方法を試してみた。

  • クリスマスに人気の「ケンタッキー」
    クリスマスに人気の「ケンタッキー」
  • クリスマスに人気の「ケンタッキー」

トースターで最適の時間

   KFC公式の12月21日のツイートで推奨されている「温めなおし方」は、大きく2つある。まずはチキンをアルミホイルに包み、オーブントースターで180度〜200度で5〜8分温める方法。もうひとつは、電子レンジで無包装のチキンを、500ワットなら30秒〜1分、1000ワットなら20秒〜40秒加熱する方法だ。

   室温で2時間ほど放置し、冷めた「オリジナルチキン」を用意した。まずはアルミホイルでくるみ、オーブントースターで「5分」温める。記者のトースターは細かい温度調節はできないため、ひとまず中火(600ワット)に設定した。

まず5分加熱して試す
まず5分加熱して試す

   トースターから取り出すと、表面全体がムラなく温まっていた。またアルミホイルで覆っているためか、ヒーターで皮が焦げることもなかった。一方、肉の中心部が完全に温まりきらず、少し冷めていた。5分では加熱時間が不足していたようだ。

   次のチキンはアルミホイルでくるみ、KFCが推奨する時間で最長の「8分」で加熱する。今度こそ中心部まで温まった。加熱時間は伸びたが、食感の劣化もみられない。KFC特有の、しっとりした皮を楽しめた。さすがに店で買った直後のクオリティーには及ばず、風味は多少落ちてはいる。それでも、かなり出来立ての味に近づいたように感じる。

8分加熱で肉の中心までおいしく
8分加熱で肉の中心までおいしく
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!