2022年 7月 4日 (月)

日本のワクチン「3回目」接種は遅い オミクロンに間に合わなくなる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

首相が「前倒し」

   オミクロン株の世界的な急拡大を受けて、岸田文雄首相は17日、これまでよりも踏み込んだ「包括強化策」を発表した。

   時事通信によると、予防と検査、早期治療の3本柱。3回目のワクチン接種は2回目から8か月以上だった間隔を、医療従事者や高齢者施設の入所者らは6か月に、来年2月以降に予定されていた一般の高齢者は7か月に前倒しする。

   対象者は計3145万人。飲み薬の医療機関への提供や、ワクチン未接種の人が全都道府県で予約なしに受けられる無料検査を今月中に始める方針も示した。

   首相は官邸で記者団に、オミクロン株の感染拡大への懸念があるとして「ワクチンの効果が比較的早く低下し、重症化リスクが高い高齢者を優先して前倒しを集中させると判断した」と説明。供給量の制約から、全ての対象者の間隔を一律に短縮できないことに理解を求めた。

   NHKによると、後藤茂之厚生労働相は28日、閣議の後の記者会見で「一般の高齢者は、施設入所者などに一定の完了が見込まれた段階で、来年2月を待たずに、前倒しで接種を行って差し支えない」と述べ、医療従事者や高齢者施設の入所者などの接種が終わる見込みが立った自治体では、一般の高齢者のさらなる前倒しも認める方針を示した。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!