2022年 5月 24日 (火)

NHK映らず受信料払わずに済む? 「ドン・キホーテ」チューナーレスTV

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が、チューナー非搭載のテレビを発売した。当然テレビ放送の受信ができない。そのため、「NHK受信料を支払う必要がないのでは」と、話題になっている。

   2021年12月10日発売の、「42V型AndroidTV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビ」だ。

  • 「ドン・キホーテ」公式サイトより
    「ドン・キホーテ」公式サイトより
  • 「ドン・キホーテ」公式サイトより

過去にもソニーから

   「NHKが映らないテレビ」として評判となった製品は、過去にも発売されていた。2018年にソニーが薄型テレビ「ブラビア」から4K液晶の業務用ディスプレーを、また21年7月にも「ブラビア」から最新シリーズを売り出している。

   同商品はテレビ放映を見ることはできないが、「Android TV」を搭載している。J-CASTトレンドでは21年6月に、こうしたテレビ機と受信料の関連性についてNHK広報局に取材。「各企業の製品については答えられないとしつつ、『放送を受信する機能がないモニター等については、受信契約の必要はありません』との回答があった」と報じた

   しかし、同シリーズは業務用であり、個人への販売はないというのが当時のソニー広報の回答だった。ドン・キホーテが販売しているスマートテレビは、そういった縛りがないため、家庭での利用も可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!