2022年 1月 26日 (水)

人気動画クリエーター・修一朗 2022年ユーチューブの流行大予想 

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

【2022年を占う(2)】

   新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄された2021年。家で過ごす機会が増え、動画配信サービス、特に誰でも情報発信が可能なYouTubeやTikTokを利用し始めた人もいるのではないだろうか。

   J-CASTトレンドは、動画クリエーターの修一朗さんにインタビューした。2020年5月に始めたTikTokは、フォロワー190万人を突破(21年12月22日時点)。YouTubeでの配信も本格的に始め、「2021年日本のYouTube年間ランキング」の「国内ショート動画クリエーターランキング」(YouTube発表)では、トップテン内の6位に入った。修一朗さんに、2022年のYouTubeのトレンドを予想してもらった。(聞き手はJ-CASTトレンド編集部・許田葉月)

  • 他にも、始めたきっかけや動画作りについても教えてくれました
    他にも、始めたきっかけや動画作りについても教えてくれました
  • 他にも、始めたきっかけや動画作りについても教えてくれました

「効率のいいコンテンツ」が求められる時代

――2020~21年を振り返って、流行したジャンルやコンテンツを教えてください。

修一朗    動画の切り抜き系が伸びた印象です。ショートムービーの個々のクリエーターも、「スーパートレンド」だったと思っています。TikTokクリエイターの進出も多く、盛り上がりました。日本一の登録者数を誇るTikTokクリエイターのjunyaさんもYouTubeに進出して、ショートムービーが4000万再生、1000万人の登録がありました。効率のいいコンテンツが求められている傾向にあります。2022年もその流れは変わらないと思います。

――この傾向を踏まえて、2022年に伸びそうだと注目している人物はいますか。

修一朗    アトム法律事務所の岡野タケシ弁護士です(国内ショート動画クリエーターランキング1位)。1年後もずっと見られるだろうな、と思います。コンテンツの独自性が強い。それだけでなく、フットワークも軽く視野も広い。コラボもできるので、同業者が登場しても強いと思います。
    TikTokからYouTubeへの進出と考えると、「Jewel ami」ちゃん。元々TikTokで3年間活躍していたのもあり、ショート動画だと安定して視聴回数を稼いでいます(同7位)。今後はYouTubeで好まれる横長の動画を増やしてファンを作る必要がありますが、TikTokでのファンの性質や炎上をしたことがないなど抜け目がないので、これから伸びるのではないかと思います。
    ひろゆきさんみたいな討論やディベートをされる方ですと、米エール大学助教授の成田悠輔さんがくるかと思います。

――成田悠輔さん、どのような人でしょうか。

修一朗    「日本をよくしたい」という思いを持っていて、「日経テレ東大学」というチャンネルで司会をしています。ひろゆきさんともう一人をゲストに迎えて行う討論番組ですが、コンテンツとしてのレベルが高い。個人チャンネルは持たないと思いますが、視聴者ウケがよく、キャラ立ちしている。そして力があるので、今後切り抜きコンテンツがかなり増えることになりそうです。
    2022年、何かしらのランキングでこの3人は絶対入るでしょう。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!