2022年 5月 18日 (水)

新型コロナが大きく変えたキャンパスライフ 大学生が進むべき道を考える

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

変化したキャンパスライフの中で得たモノ

――学生が今後、自分の心のバランスを崩さないためのアドバイスをお願いします。

高石 コロナの影響で学生生活・人間関係の構築の体験が十分でないので、皆さん大なり小なり満たされない気持ちや喪失感、傷ついた心を抱えているでしょう。ただそれは、同世代に共通の体験で、自分ひとりだけではないと認識してもらいたい。
   人間はどんな経験をしても、何かを失ったら必ず得ているものもあるはず。コロナ禍のさなかに入学しキャンパスライフを送っている学生は、先が見えない中で曖昧さに耐える力や、孤独に自分を管理しければならない能力を、他の世代の人よりずいぶん培っていると思います。
   「他の世代にはないものも持っている」と自覚し、今後自信を持って社会に出ていってほしいですね。

高石恭子(たかいし・きょうこ)

甲南大学文学部教授。博士(教育学)。専門は臨床心理学。学生相談室の「専任カウンセラー」として学生の悩みと向き合う。カウンセラーや教職員で構成される「日本学生相談学会」では2019年より理事長。著書に「子育ての常識から自由になるレッスン」(世界思想社)ほか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!