2022年 7月 7日 (木)

「雪だ!」静岡県民はしゃぎまくり 積もるなんて「都市伝説級」の土地

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新年早々、関東南部を中心に雪が降った。東京23区に大雪警報が発表された2022年1月6日、ツイッターでは「静岡県民」がトレンド入りした。静岡でも雪が観測され、県内各地の人々が「雪が降ってきた!」と"はしゃいで"いるためだ。

   なぜ、雪が降るとそこまで喜ぶのか。きょう、「雪が降っているところを見た」静岡県民を取材した。

  • 白く染まった茶畑(提供:茶農家集団「ぐりむ」公式ツイッターアカウント担当者)
    白く染まった茶畑(提供:茶農家集団「ぐりむ」公式ツイッターアカウント担当者)
  • 白く染まった茶畑(提供:茶農家集団「ぐりむ」公式ツイッターアカウント担当者)

「イベントのよう」「激レア現象」

「前回の雪は何年ぶりかわからないほど前だったので、雪国の方には申し訳ないのですが、正直ワクワクしました(笑)」

   熱くこう語る、静岡県沼津市在住の40代女性。静岡で39年暮らしている。県内で雪が降ることは「めったにないので、イベントのような感覚」。東京で降雪があると交通網のまひが危惧され、帰宅に支障が出るのではと不安の声が上がる。だが、静岡は違う。「雪が降っても滅多に積もらないとわかっているので、そこまで心配せずにいられるのだと思います」。

   ただ、「山の方は結構降るので、県民でも受け止め方は全く違う」という。

   杉山写真材料店公式ツイッターアカウント担当者は、生まれも育ちも静岡市の40代。「同じ静岡県でも御殿場や富士宮は毎年、浜松でも5~6年に1回降る。静岡市をはじめ、中部が本当に降らない」という印象を持っているそう。

   本人によると降雪とは「あるんだろうけど、めったに目にしない激レア現象」。きょう雪が降るのを見て、「とてもうれしい」と「驚き」が混じった気持ちになったという。

「前回降ったのは、少なくとも10年以上前。私が4~5歳の頃に静岡で地面が白くなるのを見ましたが、以降は積もるという現象を知りません。『この後、私が生きている間に雪が降ることはあるのだろうか』レベルの話です。小2の息子も生まれて初めて雪が降ってくる様子を見て興奮していました」

   さらに、「過去に『明日は雪かも』と予報があったのに降らないことが何度もあった」のも、驚きに拍車を掛けた。「とても画像に収まるレベルではなかったが、これですら大事件」だと、雨混じりの雪が降る動画を見せてくれた。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!