2022年 5月 26日 (木)

オミクロン株は「軽い」と言われるが 致死率はインフルよりかなり高い

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスのオミクロン株による感染が、空前のスピードで急拡大している。2021年1月4日に全国で1000人を突破したと思ったら、5日には2638人、6日は4000人台に。このままのペースだと2月には数万人になるという予想も出ている。

   気になるのは症状だ。「軽い」と言われる一方で、実際に感染した人からは「きつかった」という声も。専門家は、死亡率はデルタ株よりは低いが、インフルエンザよりはかなり高いとみており、警戒を怠らないよう呼び掛けている。

  • 「重症化リスクは低いが、軽症ではない」
    「重症化リスクは低いが、軽症ではない」
  • 「重症化リスクは低いが、軽症ではない」

重症化するリスクは低いが・・・

   NHKによると、WHO(世界保健機関)の責任者マフムード氏は4日、オミクロン株の症状について、鼻やのど、いわゆる上気道の炎症を引き起こしやすいものの、ほかの変異ウイルスと比べて肺まで達して重症化するリスクは低いという見解を示した。

   「肺まで達して深刻な肺炎を引き起こすほかの複数の変異ウイルスと異なり、上気道の炎症を引き起こしやすいとする研究結果が増えている」と述べ、炎症の場所が鼻やのどにとどまるケースが多く、重症化するリスクは低いという。

   ただし、ワクチンを接種した人や過去に新型コロナウイルスに感染して回復した人が再び感染するおそれがあるとも指摘し、各国に警戒を呼びかけた。

   英保健安全局の初期の分析によると、オミクロン株はデルタ株に比べて入院に至る重症化率が50~70%低い、とされている。

   最初にオミクロン株を特定した南アフリカの医療関係者も、オミクロン株感染者の大半は軽症か無症状、味覚や嗅覚の異常はない、と語っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!