2022年 1月 26日 (水)

ギョーザにラーメン、販売は無人で 24時間営業でいつでも買える

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   餃子(ギョーザ)専門店を見つけたが、中に入ってみると店員がいない――。新型コロナウイルス禍の中、無人販売方式で冷凍餃子などを提供する店が増えている。地方などで見かける、野菜の無人販売所のような形態だ。

   24時間営業のところも多く、人によっては嬉しいサービスかもしれない。

  • 東京・東村山市に1号店をオープンした「やさしい餃子きたもと」(画像はプレスリリースより)
    東京・東村山市に1号店をオープンした「やさしい餃子きたもと」(画像はプレスリリースより)
  • 東京・東村山市に1号店をオープンした「やさしい餃子きたもと」(画像はプレスリリースより)

東京・名古屋・京都と各所で

   JapanPlanning(東京都渋谷区)は、24時間営業の無人餃子直売所「やさしい餃子きたもと」の1号店を2021年9月1日に東村山市にオープンしている。冷凍餃子が売られており、1箱30個入りで1000円(税込、以下同)だ。

   8月31日の発表時の動画では、購入の流れを紹介している。来店客はまず店内の冷凍庫から餃子の箱を取り出し、店内の壁にある料金投入口に現金を入れて支払う。9月1日以降も、都内を中心に新たに10軒近く出店している。

   YES(国分寺市)が運営する「餃子の雪松」も、冷凍餃子の無人販売で知られる。21年12月12日付日刊ゲンダイDIGITALによれば、19年夏に都内で24時間営業の無人販売所をスタートし、記事時点で全国に約300店舗を出店しているという。

   記事に登場したYESのマーケティング部長によると、新型コロナ感染対策のためではなく、多くの人に利用してもらうために無人販売を始めた。結果的には、「自粛生活が運営の追い風」になったとのことだ。公式サイトによると、こちらの餃子は1袋36個入りで1000円。

   ラーメンや中華レストランを展開するJBイレブン(名古屋市)も、21 年6月17日に「無人ギョーザ販売所『50年餃子』」1号店を東海市にオープン。無人店舗で、冷凍餃子を24時間提供している。同社の21年11月12日の投資家向け発表によると、4か月で計8店舗を展開している。

   京都市では、「祇園餃子」という無人販売所が展開されている。24時間営業の、冷凍餃子販売店だ。21年11月18日付SankeiBizによると、クリーニング店やコインランドリーを展開する福田晃正さんが経営。同年8月に事業を開始し、11月までに計6店舗を出店した。

   コインランドリーのように無人で24時間営業できる営業形態に魅力を感じていた福田さんが、新たな分野への進出を模索していたところ、冷凍餃子の販売にたどり着いたとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!