2022年 1月 28日 (金)

「PSVR2」普及のカギは「PS5増産」 プレー姿のカッコよさも欲しい

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ゲーム機「プレイステーション(PS)5」向けのVR(仮想現実)機器「PlayStation VR2」(PSVR2)。PS5に接続することで、実際にゲームの世界に入ったかのようなプレー体験を楽しめる。

   ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が2022年1月5日に正式発表したが、発売日は未定。ツイッター上で登場を心待ちにするゲームファンも存在する一方で、「PSVR2は成功するのか」と不安視する向きもある。それには前世代モデル「PSVR」が関係しているようだ。

  • 「PSVR2」の成功に必要なものは (画像はプレイステーション5)
    「PSVR2」の成功に必要なものは (画像はプレイステーション5)
  • 「PSVR2」の成功に必要なものは (画像はプレイステーション5)

購買意欲につながりづらい

   PSVR は2016年発売。21年10月13日付SIE発表によると、PSVRは、19年12月末時点で世界累計500万台以上を売り上げた。

   ゲーム業界に詳しいエース経済研究所のシニアアナリスト・安田秀樹氏に取材した。同研究所では、ゲーム機の販売を「成功」だと判断するのに必要な数字として、発売初年度で国内160万台超の売り上げが必要だと考えているという。

   PSVRの国内累計販売台数のデータは見当たらないが、ゲーム機が日本国内で1年間に160万台を売り上げる場合、世界累計では1000万台に達するのが通例だという。PSVRは約3年かけて世界累計で「500万台以上」のため、ゲーム機として見た場合、成功に必要なラインを下回っていると安田氏は推測する。

   同機種の問題点として、まずは頭部に装着して遊ぶ小さなデバイスに小型ディスプレーや各種のケーブルを用意しなければならず、技術的に量産が難しいという。十分な供給を行いづらいというのだ。

   もうひとつが、プレーヤーを見ている側からすると、「プレーしている姿に少し違和感を覚える構造」になっていること。ゲーム中、背後から出現した敵に対応するためにユーザーが急に後ろを振り向く様などが他人からは奇妙な光景に見え、「自分も欲しい」という購買意欲につながりづらいと指摘する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!