2022年 5月 25日 (水)

日本はトンガとつながり深い ラグビー、珠算、風力発電そして皇室

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年1月15日に海底火山が大噴火したトンガ王国は、日本と約8000キロも離れているが、つながりが意外に深い。よく知られているラグビー以外にも、珠算、風力発電、カボチャ、皇室・・・。トンガに対する無償資金協力で日本は世界2位だ。今回の地震でも、積極的な支援が期待されている。

  • 2019年のラグビーW杯で、トンガ代表がみせた「シピタウ」(写真:ロイター/アフロ)
    2019年のラグビーW杯で、トンガ代表がみせた「シピタウ」(写真:ロイター/アフロ)
  • 2019年のラグビーW杯で、トンガ代表がみせた「シピタウ」(写真:ロイター/アフロ)

世界2位の無償資金協力

   トンガは、ラグビーが盛ん。試合前の戦いの踊り「シピタウ」も有名だ。日本代表のヴァルアサエリ愛、中島イシレリの両選手らの母国でもある。人口約10万人だが、日本には約170人のトンガ出身者が暮らしている。約600人に1人が日本にいる。

   外務省のウェブサイトには、両国の深いつながりが紹介されている。

   まず、珠算。日本は1989年からトンガ教育省へ珠算隊員や小学校教諭隊員を派遣。現在では,ほとんどの小学校で珠算の授業が行われているほど珠算が普及している。

   日本からトンガへの無償資金協力は、2018年までに累計で287億円。世界で2位だ。英連邦に属するトンガは、地理的にも豪州やニュージーランド(NZ)との関係が深いが、日本はNZよりも多い。

   こうした資金協力で、上水道や病院が整備されている。中でも特筆すべきは、風力発電だ。2019年7月、ニュートーア地域で5基の風力発電所が完成した。

   このプロジェクトは、延べ約40人の日本人、約80人のトンガ人による混成チームで進められた。担当した国際航業の徳田啓司氏は、「この風力発電所運用で進行する地球温暖化を減速させ、トンガの未来に明るい輝きをともし続けることを期待したい」と報告している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!