2022年 5月 27日 (金)

はつめ懇願「本当に待ってます」の相手 グラビア挑戦の本音もチラリ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

いしたにまさき:そうだそうだ。友人がActivision Blizzard Japan株式会社の日本代表になりました。

はつめ:お!ブリザード日本帰ってきたんですね!

いしたに:ゲーマーとしてはやはりそういう感想になるわけですねw

はつめ:そうそう。オーバーウォッチとかハースストーンとか、一時期ブリザードは覇権コンテンツを大量に抱えてたので、日本復帰は個人的にはすごいうれしいです。
  • 「週刊文春エンタ!」グラビア撮影のひとコマ (c)文藝春秋
    「週刊文春エンタ!」グラビア撮影のひとコマ (c)文藝春秋
  • 「週刊文春エンタ!」グラビア撮影のひとコマ (c)文藝春秋

経歴エグくて変な笑い出ました

いしたに:やはりオーバーウォッチですよねえ。

はつめ:懐かしいな、はつめ、高校生の時にずーっとオーバーウォッチだったりハースストーンのイベントをお手伝いしていたので。お手伝いといっても、まあその場にいるだけなんですけどね。

いしたに:たしか、一時期日本撤退していた感じでしたよね。

はつめ:そうですね、当時のイベントオーガナイザーたちが阿鼻叫喚だったのを思い出しますね...。

いしたに:また、おもしろいというか個人的に注目なのが、今回ブリザードの日本代表になられた人、これまではバリバリのIT系の方なんですよ。

はつめ:ほうほう。

いしたにそういうキャリアを持った人が、ゲーム業界に入ってくるというのも時代の変化なんだろうなあとも思ったわけです。

はつめ:Wikiとかも拝見したんですが、経歴エグくて変な笑い出ました。

いしたに:ええ、そうなんですw

はつめ:今までは、別の業界の方が入ってくると「esportsを金にするな!!怒るぞ!!」みたいな風潮だったんですが。最近はそこら辺もだいぶ寛容になったし、むしろプロチームにも別業界でえぐいキャリアを積んだ人々が入ってきて、上手にマネジメントやマネタイズされたりしてて、良い流れだと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!