2022年 5月 22日 (日)

ゆうちょ「硬貨取扱料金」に加え 一部ATMで日曜、休日、時間外に手数料

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ゆうちょ銀行の「硬貨取扱料金」が、世間の注目を集めている。硬貨での預け入れや振り込みの際、枚数に応じて手数料がかかるようになった。

   大きく報じられた話題だが、それに隠れるようにもうひとつ、ゆうちょ銀では有料化されたものがある。ATM(現金自動預け払い機)利用料の一部だ。

  • 「ゆうちょATM」の手数料に戸惑う人が続出…
    「ゆうちょATM」の手数料に戸惑う人が続出…
  • 「ゆうちょATM」の手数料に戸惑う人が続出…

無料は郵便局とゆうちょ銀行設置のATMのみ

   硬貨の取扱有料化をめぐっては、「小銭貯金」や寺社のさい銭がどうなるんだろうと、関心が寄せられた。インターネット上でも多くの注目を浴び、小銭を大量に取り扱う企業を気にする人が

   これがスタートしたのは、2022年1月17日。実は同じ日に、郵便局・ゆうちょ銀行以外の場所に設置された「ゆうちょATM」の日曜、休日と一部時間帯での有料化も始まっていた。

   これまで、ゆうちょ銀行に口座を持っている人が「ゆうちょATM」を使う場合、設置場所を問わず無料で使えた。しかし1月17日からは、駅やショッピングセンター、コンビニエンスストア・ファミリーマートに設置されているATMでの預け入れと払い戻しに対して、平日朝8時45分から18時までと土曜日朝9時から14時までが無料、その他の時間帯と日曜休日は110円の手数料が発生するようになった。

   ただし、郵便局とゆうちょ銀行に設置されているATMは、これまで通り全時間帯で無料だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!