2022年 5月 25日 (水)

ウクライナと日本の意外な接点 横綱大鵬、チェルノブイリ原発事故

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ウクライナ情勢が緊迫している。ロシアと米国の武力衝突が起こりかねないということで、世界が注視している。

   日本人にとっては何となく縁遠い国、ウクライナ。しかし、意外な接点もある。大横綱・大鵬の父はウクライナ出身。東日本大震災で改めて注目された原発事故の地・チェルノブイリはウクライナにある。

  • 昭和の大横綱は、ウクライナと深い関係が
    昭和の大横綱は、ウクライナと深い関係が
  • 昭和の大横綱は、ウクライナと深い関係が

イヴァーンと幸喜

   在日ウクライナ大使館のウェブサイトは、樺太で生まれ、のちに横綱になった大鵬について以下のように記す。

「伝説的な大相撲力士、大鵬幸喜(納谷幸喜)の運命は、最初から過酷だった。困難な時代であった1940年にウクライナ人の父、マルキャン・ボリシコ(ハルキフ州出身)と日本人の母、納谷キヨの間に生まれ、イヴァーンと幸喜と名付けられた。1945年のソ連による樺太侵攻後、父親が逮捕され母親は子供と一緒に北海道へ逃亡。5歳のイヴァーン・ボリシコは納谷幸喜となり、それ以来父親と二度と会うことはなかった」

   父は当初、ウクライナから北樺太に移住。のちに、日本領だった南樺太に移っていたらしい。

   少年時代の大鵬は苦労の連続だった。幼いころから母の納豆売りを手伝って家計を助けた。16歳で相撲の世界に入り、21歳で横綱になる。計32回優勝した。1971年に引退、大鵬部屋を創設する。その後のウクライナとの関りについて、ウクライナ大使館のサイトは以下のように続ける。

「晩年の大鵬はウクライナの祖先に興味を持ち、父親は1960年に亡くなったが、2002年大鵬はウクライナを訪問した。ハルキフ州の村で親の家を撮影し、井戸から水を引き、祖先地の土も持って帰った。また、ハルキフ市で相撲の愛好家グループが開催した相撲大会を訪れた。その大会は大鵬幸喜の承諾を得て『大鵬幸喜大会』と名付けられた。大鵬幸喜大会はその後も毎年開催されている。2011年にウクライナのメリット勲章3位を受章した」

   ウクライナの南部、黒海に面するオデッサ市には、「ウクライナ系の有名横綱」ということで大鵬の銅像が建立されているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!