コロナ感染者1月だけで全国100万人 オミクロン猛威、死者も400人超

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの急拡大が続いている。2022年1月の新規感染者は、全国で約100万人になっている。死者は400人超。大半はオミクロン株によるものと見られている。軽症や無症状が多いといわれるオミクロン株だが、重症者も急速に増えている。

  • 感染のピークはまだ先なのか(写真と本文は関係ありません)
    感染のピークはまだ先なのか(写真と本文は関係ありません)
  • 感染のピークはまだ先なのか(写真と本文は関係ありません)

1か月でざっと6割増

   NHKのまとめによると、1月31日現在の全国の感染者は274万4398人。昨年12月31日は173万3536人だったから、この1か月でざっと6割、約101万人も増えたことになる。単月の感染者数としてはもちろん過去最高だ。オミクロン株のケタ違いの感染力を改めて見せつけている。

   あまり報道されないが、死者も増えている。12月31日段階では1万8392人だったが、1月31日段階では1万8815人。423人も増えた。

   コロナの死者は昨年11月上旬から激減。ゼロの日も何度かあった。しかし、1月22日にⅠ日で17人となって以来、二ケタが続き、このところ連日30~40人台となっている。この1週間で200人を超えている。

   重症者も増えている。1月31日段階で783人。第5波のピークだった昨年9月上旬は約2200人だったので、その35%ほどになっている。これからさらに増えることが確実だ。

姉妹サイト