2022年 5月 23日 (月)

恵方巻き「大量廃棄」は過去の話 予約推進でロス削減、売れ行きも好調

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   節分の日に恵方巻きを食べる習慣が、近年定着してきた。2022年2月3日、ツイッター上では「恵方巻きが手に入らない」という投稿が相次いでいた。

   過去には、コンビニエンスストアでの大量廃棄が問題になった。しかし、ここ2年は「売れ残り」どころか「売り切れ」が続出しているようだ。

  • 売り切れ続出の恵方巻き(画像はイメージ)
    売り切れ続出の恵方巻き(画像はイメージ)
  • 売り切れ続出の恵方巻き(画像はイメージ)

夜21時、7店どこにもない

   ツイッターで「恵方巻き」と検索すると、「仕事帰りに買おうと思ったのに、売っていなかった」「売り切れだった」との報告が多くあった。手に入れられなかった人がいるらしい。

   2月3日21時ごろ、J-CASTトレンドは東京都内のスーパーマーケット5件とコンビニ2件を調査した。だがこの時間、どこの店にも恵方巻きはなかった。

   J-CASTニュースでは、ツイッター上で2021年から「売り切れ」という言葉が「恵方巻き」とともにつぶやかれるようになったと報じていた。調べてみると、小売り各社ではフードロスに向けた取り組みが実施されていた。農林水産省は2022年1月18日、ウェブサイトで、「恵方巻きのロス削減に向け46社が取組を予定」と発表している。

   このうちコンビニ大手のローソンは21年12月13日、恵方巻きの「早期予約割引」を初めて導入すると発表。このなかで、同年の販売に関して

「より事前予約を強化した事で、2020年比で46%の廃棄高削減となりました」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!