2022年 5月 17日 (火)

羽生結弦と羽生善治 2人の「天才」名字のルーツは別の土地

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   五輪では必ず、その大会を象徴するようなスーパースターが登場する。今回の北京冬季五輪では、日本の羽生結弦選手だ。フィギュアスケート男子で94年ぶりの3連覇が期待されている。2022年2月8日、いよいよ羽生選手の五輪が始まる。

  • 北京五輪が羽生結弦選手一色になる(2018年2月、編集部撮影)
    北京五輪が羽生結弦選手一色になる(2018年2月、編集部撮影)
  • 北京五輪が羽生結弦選手一色になる(2018年2月、編集部撮影)

中国では「柚子」の愛称

   羽生選手は6日に北京入りし、7日午後、初めてリンクで練習を見せた。読売新聞によると、世界各国の報道陣が集まる中、4回転サルコーや4回転トウループなどを跳び、クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)にもトライした。

   8日にショートプログラム(SP)、10日にフリーの出場。世界選手権3連覇のネイサン・チェン(米国)らと戦うことになる。

   羽生選手は中国でも絶大な人気を誇る。毎日新聞によると、中国のインターネット上で、羽生選手は名前の読み方から「柚子(ゆず)」の愛称で親しまれている。中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」のファンサイト「羽生結弦InfoStation」には160万人を超えるフォロワーがいる。「3連覇を願っています」「幸せを祈ります」など、五輪での活躍を期待するメッセージがあふれている。

   朝日新聞によると、中国で人気に火がついたのは、2017年にフィンランドで開かれた世界選手権がきっかけとも言われる。表彰式で3位の中国選手が手に持った中国国旗の裏表が逆で、それに気づいた羽生選手が直すのを手伝った。この映像が中国で拡散し、スケートの実力に加えて、「気遣いの人」だと好感度がアップしたそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!