2022年 5月 27日 (金)

iPhone「声を分離」で雑音消える ドライヤー、工事現場、ガード下で実験

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   さまざまな機能を持つ「iPhone」。実は音声通話中に「声を分離」モードという機能を使うと、iPhoneが周囲の騒音を識別し、環境音を消しながら自分の声を相手に伝えられる。2021年9月21日リリースの基本ソフト「iOS 15」から対応している。

   ツイッター上では、「声を分離」モードを紹介する投稿が2022年2月8日に大いに話題になり、49万以上の「いいね」が付いている。iPhoneを持っていても、この機能を知らなかったという人も多いようだ。

  • アプリで通話中に、「声を分離」モードを選択
    アプリで通話中に、「声を分離」モードを選択
  • 青梅街道に面したJR新宿駅前の大ガード 高架下は騒々しい
    青梅街道に面したJR新宿駅前の大ガード 高架下は騒々しい
  • アプリで通話中に、「声を分離」モードを選択
  • 青梅街道に面したJR新宿駅前の大ガード 高架下は騒々しい

話し手の声だけが鮮明に

   通話中に面端をスワイプして「コントロールセンター」を開き、「マイクモード」をタップすると、「声を分離」モードを選べる。逆に周囲の声を拾ってくれる「ワイドスペクトル」というモードもある。

   アップルのリリースには、音声通話ツール「FaceTime」のほか「Webex、Zoom、WhatsAppなどの他社製アプリケーションでも使用できます」と書かれている。また記者が試した限り、電話回線を使って通話する「電話」アプリでは使えなかった。

   J-CASTトレンド編集部で、iPhone 13(iOS 15.3)ユーザーの記者と、 iPhone 12 mini(iOS15.1.1) ユーザーの同僚が通話し、実験した。

   まず、同僚は飲食店などが入居する商業ビルから「LINE」で電話をかけてきた。通話開始時は人の話し声のような音がしたが、同僚が「声を分離」を選んだ瞬間完全に雑音は消え、相手の声だけが鮮明に聞こえるようになった。驚きの変化だ。

   次に同僚がビル前の宝くじ売り場前に移動。売り場の宣伝のアナウンスが、けたたましく響いてきた。同僚が何を言っているか、アナウンスの音量でなかなか聞き取れない。そこで、同僚が「声を分離」を選ぶと、容易にその声を聞き取れるようになった。ただアナウンスの声は、会話に混じってたびたびわずかに聞こえてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!