2022年 5月 24日 (火)

「感染5日で死亡」オミクロン株の脅威 猛スピードで症状悪化する

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   オミクロン株による新型コロナウイルスでは、感染してから5日で亡くなる人が多いという衝撃の調査結果が出ている。「軽い」「重症化率は低い」などとされていたオミクロン株だが、感染から死亡までのスピードが極めて速い。死者の大半は高齢者。これまで想定されていた以上に手ごわいことが明らかになっている。

  • 高齢者をあっという間に死に至らしめる厳しい実態が明らかに
    高齢者をあっという間に死に至らしめる厳しい実態が明らかに
  • 高齢者をあっという間に死に至らしめる厳しい実態が明らかに

重症化までに4日

   これは、2022年2月24日に開かれた厚生労働省の専門家組織の会合に、国立感染症研究所感染症疫学センターの鈴木基センター長が提出した資料でわかった。朝日新聞によると、2月16日までに報告があった重症例255例と死亡例343例を分析したところ、重症例の中央値は73歳、死亡例の中央値は87歳だった。発症から重症化、死亡までの日数は、重症例が0~23日で中央値は4日、死亡例は0~63日で中央値は5日だった。

   重症例、死亡例ともに65歳以上が半数以上を占めており、分析できた死亡例341例の中では65歳以上が9割以上を占めたという。

   読売新聞は24日、「『容体悪化あっという間』高齢者の施設内療養『限界』」という記事を公開している。

   同紙のまとめによると、1月中に都内の高齢者施設での死者は3人だったが、2月は23日までに35人。ある施設では、濃厚接触者となった入所者の一人の容体が急変。救急車を呼んだが搬送先が見つからず、車内で約4時間待って亡くなった。施設長は「高齢者の容体悪化はあっという間だ。入院できない上、入院が必要になっても受け入れ先が見つからないのは問題だ」と訴えている。

   高齢者が症状悪化した場合、入院できず、重症と診断される前に亡くなるケースがあることを示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!