2022年 5月 29日 (日)

「ウクライナ侵攻」GAFAはロシアを許さない アノニマスは「サイバー戦争」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ロシアのウクライナ軍事侵攻に対し、形を変えたウクライナ支援が続いている。米国の電気自動車企業テスラのマスク氏は、インターネット接続サービスをウクライナに提供することを明らかにした。グーグルとメタは、ロシアメディアの広告を規制した。匿名のハッカー集団「Anonymous」は、ロシア政府関連のウェブサイトをアクセス不能にしたという。

   ウクライナ国内では従来型の戦争が続いているが、国境を超えたネット空間ではウクライナを支援する新たな戦いが勃発している。

  • ロシアがサイバー攻撃の標的に(画像はイメージ)
    ロシアがサイバー攻撃の標的に(画像はイメージ)
  • ロシアがサイバー攻撃の標的に(画像はイメージ)

テスラは小型衛星経由で支援

   TBSによると、テスラのCEO(最高経営責任者)で、宇宙開発企業スペースXを率いるイーロン・マスク氏は2022年2月26日、小型衛星を介したインターネット接続サービスをウクライナに提供することを表明した。スペースXが開発した「スターリンク」と呼ばれるこのサービスは、小型衛星を経由してインターネット接続を可能にするものだ。ロシアのサイバー攻撃を受けているというウクライナのIT環境を改善させることにつながる。

   ロイターによると、米アルファベット傘下のグーグルは26日、ロシアの国営メディアRTなどについて、ウェブサイトやアプリ、ユーチューブ動画で広告収入を得ることを禁止した。SNS「フェイスブック」を運営する米メタも、同様の措置を発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!