2022年 5月 28日 (土)

納豆に砂糖を入れたらおいしいの? 小さじ1杯だけでビビるほど激変

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   3月10日、語呂合わせで「砂糖(さとう)の日」にふと思い立った。

「納豆に砂糖をかけて食べたら、ウマいのか」
  • 右の砂糖入り納豆の方が、粘り気が強い(画像1)
    右の砂糖入り納豆の方が、粘り気が強い(画像1)
  • ごはんの甘みとの相性が良い「砂糖入り納豆」
    ごはんの甘みとの相性が良い「砂糖入り納豆」
  • 右の砂糖入り納豆の方が、粘り気が強い(画像1)
  • ごはんの甘みとの相性が良い「砂糖入り納豆」

いつまでも糸を引く

   早速試してみよう。市販のパック納豆を2つ用意した。色やにおい、粘り気などに差が出ないかを確かめるため、一つは別添えのしょうゆとからしを入れる。調味料以外は全て同じ条件だ。

   砂糖を小さじ1入れ、納豆の混ぜ棒「なっとうの友」を使って100回混ぜる。

どんな味になるのか想像がつかず、一瞬抵抗があった
どんな味になるのか想像がつかず、一瞬抵抗があった

   20回混ぜたところで、手に違和感を覚えた。いつもより混ぜにくい。納豆が白く粘って、強くまとわりついてくるためだ。

力を入れて一生懸命混ぜる必要がある
力を入れて一生懸命混ぜる必要がある

   日常的に納豆を食べているが、100回混ぜて「やっと終わった」と思ったのは初めて。さらには、混ぜ棒を引き抜こうとしてもいつまでも糸を引いてしまい、なかなか切れずにひと苦労だった。

100回混ぜ終えた状態(左:しょうゆ・からし入り、右:砂糖入り)
100回混ぜ終えた状態(左:しょうゆ・からし入り、右:砂糖入り)

   100回混ぜ終えた後の差は一目瞭然だ。砂糖入りの方が白く粘っている。甘い香りはしないが、納豆独特のにおいが心なしか薄い。混ぜ棒で引っ張り上げてみると、重みを感じるほどまとわりついてきた(画像1)。

   いざ実食。砂糖入り納豆は、「甘いが、甘すぎない」。コメ粒の甘みとの相性がよく、意外にもマッチしている。口当たりはふんわり、まろやかだ。途中で、しょうゆとからしを足して味変すると、コクが増した。記者は「砂糖だけでも十分おいしい」と感じたが、豆の味を強く味わいたい人は物足りないかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!