2022年 5月 23日 (月)

ユーチューバーと会社員に男子は憧れる 将来の夢は安定かチャレンジか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   小学生の男子「大人になったらなりたいもの」1位は「会社員」。

   第一生命保険の第33回「大人になったらなりたいもの」調査結果(全国の小学生・中学生・高校生、計3000人対象)を、2022年3月16日に複数メディアがこう取り上げた。ただ1位と2位の差は、わずか0.3%。その2位は「ユーチューバー(YouTuber)/動画投稿者」だ。全く毛色の違う夢が首位を競っている。

  • 子どもたちの「大人になったらなりたいもの」は
    子どもたちの「大人になったらなりたいもの」は
  • 子どもたちの「大人になったらなりたいもの」は

2016年には「ユーチューバー」が

   調査結果は以下の通り。回答した小学生男子は581人だ。

1位:会社員(9.6%)
2位:YouTuber/動画投稿者(9.3%)
3位:サッカー選手(8.1%)

   この並びは、同社が21年3月に実施した第32回「大人になったらなりたいもの」調査結果と全く同じ。当時も581人の小学生男子が対象で、1位:会社員(8.8%)、2位:YouTuber/動画投稿者(8.4%)、3位:サッカー選手(7.6%)だった。「YouTuber/動画投稿者」がランクインするようになったのは、この回から。それ以前は回答項目に見られない。

   しかし、別企業の調査結果に目を移すと、2010年代後半から「YouTuber」が「なりたい夢・職業」として登場している。中でも、学研教育総合研究所の「小学生白書Web版」2016年9月調査結果が興味深い。対象は全国の小学生計1200人だ。

   「将来つきたいなと思う職業(仕事)」ランキング1位~18位には「YouTuber」がないものの、

「選択肢の中に将来つきたい職業がない場合は『その他』とし、自由記述欄を設けた。その中でひときわ目立ったのが『ユーチューバー(0.5%)』という回答である」

と同社は分析している。翌17年8月の同調査では、一挙に「YouTuberなどのネット配信者」が4位にランクアップ。学研は「特筆すべき」事柄としている。さらに18年9月調査では3位となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!