2022年 5月 23日 (月)

「プラスチック新法」ハンガーも対象 クリーニング店のサービスに影響は

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プラスチックの再利用や使用規制に関する法律が2022年4月1日、施行される。クリーニング店等のハンガーや衣類カバーも、その対象だ。

   スーツや制服をクリーニングに出すと、仕上がりの際はハンガーにかけた上で、衣類カバーで覆ってくれる店が少なくない。このサービス、4月以降はなくなるのだろうか。

  • 衣類クリーニング店への影響は(画像はイメージ)
    衣類クリーニング店への影響は(画像はイメージ)
  • 衣類クリーニング店への影響は(画像はイメージ)

利用者から回収している

   「プラスチック資源循環促進法」では、宿泊業ではアメニティーの歯ブラシなどが対象になる。レジ袋有料化に続いて、生活の利便性に影撃しそうだ。関連業界はプラスチック製品の有償化や、代替製品への切り替えを迫られている。

   クリーニングのハンガーは、新法でどうなるのか、首都圏・中京圏を中心に780店舗を構える「ポニークリーニング」の運営会社・穂高(東京都中央区)を取材すると、

「当社では、ハンガーについては影響ありません」

と答えた。従来通り、衣類をハンガーにかけて戻してくれるようだ。

   同社広報によると、リサイクル・環境保全活動の一環としてハンガーの回収を行なっているためだという。ただし、衣類カバーとして使われる「ビニールカバー」は、消費者に負担をかけないように薄くするなどの対応を検討中だと話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!