2022年 5月 23日 (月)

柳楽優弥、黒木華が帰宅中に「ニヤニヤ」 リニューアル「金麦」新テレビCM

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サントリービールは、俳優の柳楽優弥さん、黒木華さんを起用した「金麦」の新テレビCM「帰りの電車」編、「帰りのバス」編(各15秒)を2022年3月26日から、全国で順次オンエアする。

   メインコピーは「帰れば、金麦」。15周年を迎えリニューアルした新しい「金麦」の広告を柳楽さん、黒木さんが帰宅途中に目にするところからストーリーが始まる。見どころは二人の「ニヤニヤ」だ。

  • 金麦を一口飲んで「プハ」とおいしそうな反応を見せる柳楽さん(「帰りの電車」編)
    金麦を一口飲んで「プハ」とおいしそうな反応を見せる柳楽さん(「帰りの電車」編)
  • バスから、遠ざかるやきとり屋台を見つめる黒木さん(「帰りのバス」編)
    バスから、遠ざかるやきとり屋台を見つめる黒木さん(「帰りのバス」編)
  • 金麦を一口飲んで「プハ」とおいしそうな反応を見せる柳楽さん(「帰りの電車」編)
  • バスから、遠ざかるやきとり屋台を見つめる黒木さん(「帰りのバス」編)

アドリブのアクションシーンがカッコイイ

   「帰りの電車」編では、金麦の電車広告に書いてある「帰れば、金麦」というキャッチコピーを心の中でつぶやいているうちに、柳楽さんの顔が思わず緩む。頭の中はすっかり金麦でいっぱいだ。

金麦のことを考えて、イキイキしている柳楽さん
金麦のことを考えて、イキイキしている柳楽さん

   帰り道、横断歩道を速足で歩いていると、すれ違った二人組から「今の人、めっちゃ笑ってた」と笑われてしまうが、まったく気にせず家路を急ぐ柳楽さん。自宅のドアを開け、はやる気持ちを抑えきれない様子で、鍵をポンと宙に放り投げてバシッとつかみ取る。冷蔵庫から冷えた金麦を取り出すと、さっそくひと口飲んで「プハ!」とおいしそうな表情に。金麦が、一日の終わりに家でゆっくり飲むのにもってこいだとアピールしている。

   発表資料によると、柳楽さんが玄関先で宙に放り投げた鍵をキャッチする場面はアドリブ。当初の絵コンテでは、ようやく金麦が飲める喜びを表情だけで表現する予定だったという。アクションを披露した柳楽さんに、スタッフからは「カッコいい~!」と歓声が上がったそうだ。

いよいよ金麦を飲める喜びを、体を使って表現
いよいよ金麦を飲める喜びを、体を使って表現
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!