2022年 5月 23日 (月)

ウィル・スミス「ビンタ騒動」すぐフィギュア化 インスタで発表、販売も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ウィル・スミスさんに「ビンタ」されたクリス・ロックさん。その姿がフィギュアになり、インスタグラムで「発表」された。

   2022年3月27日(米国時間)に開催された、第94回アカデミー賞授賞式での「ビンタ騒動」を再現。フィギュアのパッケージには品名なのか、こうプリントされている。「everybody hates chris(みんなクリスが嫌い)」。

  • 「hands_of_doom_」さんのインスタグラムから
    「hands_of_doom_」さんのインスタグラムから
  • 「ebay」の同商品取引サイトページ
    「ebay」の同商品取引サイトページ
  • 「hands_of_doom_」さんのインスタグラムから
  • 「ebay」の同商品取引サイトページ

「品名」はクリス・ロック本人のドラマ名

   アカデミー賞授賞式で、前代未聞の出来事だった。長編ドキュメンタリー賞のプレゼンターを務めた、コメディアンのクリス・ロックさんのジョークで、俳優のウィル・スミスさんは妻が侮辱されたと激怒。ツカツカとロックさんの元へ歩み寄り、彼の顔を平手打ちしたのだ。その後、スミスさんは謝罪している。

   フィギュアをインスタグラムで公開したのは、「hands_of_doom_」さん。フィギュアのパッケージには、ほほをたたかれ顔をそむけたロックさんと、平手打ちを放った後のスミスさんの写真が使われている。インスタに掲載されたのは、騒動からわずか5時間ほど後だ。

   品名に使われた「everybody hates chris」という言葉。日本語に訳すと「みんなクリスが嫌い」となる。「クリス」とは、殴られた側であるクリスさんを表すのだろう。

   だが、それだけじゃない。

   実は、「everybody hates chris」という題名のコメディードラマがある。2000年代に放送され、主役の名前はもちろん「クリス」。映画評論サイト「Rotten Tomatoes」によると、クリス・ロックさん本人の人生に基づいた作品で、本人が同作のプロデューサーでナレーターも務めたのだ。

   「ビンタフィギュア」は3月29日17時現在、インターネットオークションサイト「ebay」で、371ドル(約4万5800円)で販売されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!