2022年 5月 28日 (土)

「KFC」超高画質チキンのサイト アクセス殺到でサーバーダウン

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」を運営する米KFCコーポレーションが公開した、自社商品画像の公式フリー素材サイト「ChickenStock」が話題だ。

   日本でも人気を呼び、サイトはアクセス集中のためサーバーダウンが起こったようだ。そこまでフィーバーした顛末を追った。

  • 「ChickenStock」で公開されていた動画より
    「ChickenStock」で公開されていた動画より
  • 「ChickenStock」で公開されていた動画より

低画質が許せなかった

   「ITmedia」の記事によると2022年2月に公開されたサイトは、KFCの「商品画像約400種類を無料で提供。提供する画像サイズは1万8898×1万630ピクセル(約2億88万画素)などで、中には5億画素を超える画像もあるという」。

   サイトでは公開経緯の説明がされていた。それによると、こうだ。チキンを販売する複数のライバル店が、KFCのチキン画像を無断で使用した。しかし、KFCが問題視したのはそこではない。画像が「低画質」である点だったのだ。そのために「超高画質」をフリー画像として提供するために作られたのが「Chicken Stock」だ。

   サイトトップ、検索窓の上には「Wanna steal our images? Fine, but do it properly, please(編集部訳:私たちの画像を盗みたい? いいけど、ちゃんとやってね)」と記載されていた。

   この高画質すぎる画像と、KFCの「挑発的」な言葉は3月30日にツイッターでトレンド入りするほど話題になった。同日、サイトにアクセスしにくい状況が発生。31日には、アクセス不具合を説明する文章のみがトップに掲載された状態になった。

   この文章は初め、こんな説明が続いていた。

「It appears there are more image thieves out there than we even imagined.(編集部訳:想像以上に、画像泥棒が多いようです)」

   さらに画像は再び「盗むこと」ができる状態になると、KFCは「宣言」していた。だが31日19時までに、文章の表現で「image thieves(画像泥棒)」が「people(人々)」に、「to steal(盗むこと)」が「to be borrowed(借りること)」にそれぞれ変更になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!