2022年 5月 20日 (金)

「iPhone SE3」もう減産報道 半導体不足ならiPhone「13」「14」心配

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型「iPhone SE」の減産を、日本経済新聞(電子版)が報じた。米アップルが2022年3月18日に発売したばかりの、iPhoneシリーズの廉価版モデル。「SE」史上初めて5G(第5代移動通信システム)通信に対応した機種だ。

   3月28日付の同紙は、減産理由のひとつに部品不足を挙げた。昨秋発売の「iPhone 13」シリーズや今年予定されている機種の開発、影響は出ないのだろうか。

  • 22年3月18日発売のiPhone SE(画像はアップルのリリースから)
    22年3月18日発売のiPhone SE(画像はアップルのリリースから)
  • 22年3月18日発売のiPhone SE(画像はアップルのリリースから)

背景に複数の要因

   3月28日の日経記事は、複数の「サプライヤー」の話として減産を報じている。アップルは予測よりも需要が弱いとみて、iPhone SEについて従来計画から20%(200万~300万台分)の生産引き下げを関係者に通達したという。

   背景には複数の要因があるとして、同記事は以下の点を挙げている。ウクライナ侵攻による半導体不足の加速、経済制裁によるエネルギーや原材料の供給網の混乱、そしてインフレによる生活コストの上昇が家電製品の需要に影響を及ぼしたことへの懸念だ。

   需要の問題だけでなく、部品不足や供給網の混乱が減産の理由にあるのならば、「SE」以外の機種への影響も気になる。

   日経の英文メディア「NIKKEI Asia」の同日付記事によると、アップルはサプライヤーに対し「iPhone 13」についても以前の計画よりも数百万台供給を少なくするように求めている。こちらの調整は、部品不足を理由したものではなく、「季節的な需要に基づいている」とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!