2022年 5月 28日 (土)

コロナ「第7波」忍び寄る 「まん防」解除早々の急増は「BA.2」の疑い

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「再拡大」「リバウンド」「第7波が始まったのか」――新型コロナウイルスに関して、改めて警戒を呼び掛ける報道が目立つようになっている。2022年3月21に「まん延防止等重点措置」が解除されたのもつかの間、再び感染者が増加する傾向にあるからだ。

  • ワクチン4回目接種の話も出ている
    ワクチン4回目接種の話も出ている
  • ワクチン4回目接種の話も出ている

前の週を上回る傾向

   テレビ朝日によると、3月31日の全国の新型コロナウイルスの新規感染者は5万1902人。34の道府県で前の週を上回っている。

   特に深刻なのは沖縄だ。31日の新規感染者は1132人。前の週を上回るのは9日連続。直近1週間の人口10万人あたりの感染者数は414人と、全国で最も高くなっている。

   沖縄は最も早くオミクロン株が拡大し、最も早くピークを過ぎていた。それだけに、「感染率全国トップ」という最近の状況は「再拡大」のサインともいえる。

   31日の東京の新規感染者は8226人。前の週の同じ曜日を5日ぶりに下回ったものの、高い水準が続いている。4月1日は7982人となり、前週の同じ曜日と比べて増加した。

   時事通信によると、東京都は31日、新型コロナウイルスの変異株に関する都の検査で、感染力がより強いとされるオミクロン株の別系統「BA.2」の疑い例の割合が5割を超えたと発表した。

   8~14日の1週間では全検体中39.6%だったのに対し、15~21日では52.3%に。主流だった「BA.1」からの置き換わりが進んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!