2022年 10月 3日 (月)

本屋大賞に『同志少女よ、敵を撃て』 逢坂冬馬さんはウクライナ侵攻に「戦争反対」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   第19回本屋大賞が2022年4月6日発表され、逢坂冬馬さん(36)の長編小説『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)に決まった。第二次世界大戦の独ソ戦で、独軍に母親を殺された少女が狙撃兵になる、というストーリーだ。

   現在、ウクライナでは真逆の戦いが行われているだけに、逢坂さんは受賞を喜ぶと同時に、複雑な心境をコメントしている。

  • 『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)
    『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)
  • 『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)

37万部突破

   同書は、なぜソ連だけが第二次世界大戦で多くの女性兵士を前線に動員したのか、ということをテーマにした骨太の作品だ。

   物語の主人公は、モスクワ近郊の農村に暮らしていた少女セラフィマ。1941年6月、独ソ戦が始まった。独軍によって、母親や村人たちが惨殺され、復讐のため狙撃兵になることを決意する。似た境遇の女性だけで編成された小隊に入り、過酷な訓練を重ねやがて独ソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線へと向かう・・・。

   2021年8月、未発表のミステリーを対象とするアガサ・クリスティー大賞を受賞。同11月17日に単行本として発売されると、1週間で5万部を突破し、あっというまに大手書店の文芸書ベストセラーのトップに躍り出た。これまでに37万部になっているという。

   推薦者の一人、浅田次郎さんは、「とうてい新人の手とは思えなかった。まず、文章表現には不利な戦闘シーンの描写がうまい。これは想像力と語彙(い)の豊かさによってもたらされているのだが、だとすると作者は天賦の才を与えられている」と語っている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!