2022年 5月 18日 (水)

「Z」ロシア語に存在しない文字 ウクライナ侵攻のシンボル化で大迷惑

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   アルファベットの「Z」が悪者になっている。ウクライナに軍事侵攻したロシアの戦車などに「Z」の文字が大きく書かれているうえ、ロシア国内などで「Z」が、戦争支持のシンボルマークのようになっているからだ。

   「Z」という文字は以前から、様々な企業や商品名で使われている。それだけに、戸惑いもあるようだ。

  • 「Z」の文字が「悪者」に
    「Z」の文字が「悪者」に
  • 「Z」の文字が「悪者」に

サムスンが削除

   アイテム情報誌「GetNavi(ゲットナビ)」のウェブサイトは2022年4月1日、「海外でGalaxy折りたたみスマホから『Z』が消える」というニュースを報じている。韓国サムスンはリトアニア、ラトビア、エストニアの3カ国で、折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」の商品名から「Z」の文字を削除しているという。

   これらのバルト三国は旧ソ連に編入されていたこともあり、「反ロシア感情が高い国々として知られています。そのような国民感情に配慮して、サムスンはまずこれらの国々にてブランド名を変更したことが推測されます」と書いている。

   韓国紙「朝鮮日報」によると、サムスンはウクライナでも、「Galaxy Z3」を「Galaxy Fold3」へ、「Galaxy Z Flip3」を「Galaxy Flip3」へ、それぞれ変更ずみという。

   3月17日のサンスポによると、スイスの保険大手チューリッヒは、ロシアのウクライナ侵攻を支持しているとの誤解を避けるため、企業ロゴ「Z」の使用を会員制交流サイト(SNS)で取りやめている。

   Zは社名のアルファベット表記「ZURICH」の頭文字で、ロゴでは丸く青い背景に白抜きでデザインしている。日本法人によると、風評被害が広がりやすいSNSでの利用を取りやめるようグループ各社に指示があったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!